ロシアのチェロ・ソナタ集

Mattia Zappa, Massimiliano Mainolfi

Claves Records

2017/04/22

(P)S2S Inc.
(C)Claves Records

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

WAV 44.1kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

flac 44.1kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Sonata for Cello & Piano in C Major, Op. 119: I. Andante grave
0:11:33
¥300
カートに追加

Mattia Zappa[アーティスト], Massimiliano Mainolfi[アーティスト], Sergei Prokofiev[作曲]

2
Sonata for Cello & Piano in C Major, Op. 119: II. Moderato
0:04:51
¥300
カートに追加

Mattia Zappa[アーティスト], Massimiliano Mainolfi[アーティスト], Sergei Prokofiev[作曲]

3
Sonata for Cello & Piano in C Major, Op. 119: III. Allegro, ma non troppo
0:08:31
¥300
カートに追加

Mattia Zappa[アーティスト], Massimiliano Mainolfi[アーティスト], Sergei Prokofiev[作曲]

4
Sonata for Cello & Piano in D Minor, Op. 40: I. Allegro non troppo
0:12:46
¥300
カートに追加

Mattia Zappa[アーティスト], Massimiliano Mainolfi[アーティスト], Dmitri Shodtakovitch[作曲]

5
Sonata for Cello & Piano in D Minor, Op. 40: II. Allegro
0:03:24
¥300
カートに追加

Mattia Zappa[アーティスト], Massimiliano Mainolfi[アーティスト], Dmitri Shodtakovitch[作曲]

6
Sonata for Cello & Piano in D Minor, Op. 40: III. Largo
0:08:01
¥300
カートに追加

Mattia Zappa[アーティスト], Massimiliano Mainolfi[アーティスト], Dmitri Shodtakovitch[作曲]

7
Sonata for Cello & Piano in D Minor, Op. 40: IV. Allegro
0:04:30
¥300
カートに追加

Mattia Zappa[アーティスト], Massimiliano Mainolfi[アーティスト], Dmitri Shodtakovitch[作曲]

8
Sonata for Cello & Piano No. 1: I. Largo
0:03:20
¥300
カートに追加

Mattia Zappa[アーティスト], Massimiliano Mainolfi[アーティスト], Alfred Schnittke[作曲]

9
Sonata for Cello & Piano No. 1: II. Presto
0:06:48
¥300
カートに追加

Mattia Zappa[アーティスト], Massimiliano Mainolfi[アーティスト], Alfred Schnittke[作曲]

10
Sonata for Cello & Piano No. 1: III. Largo
0:09:22
¥300
カートに追加

Mattia Zappa[アーティスト], Massimiliano Mainolfi[アーティスト], Alfred Schnittke[作曲]

  • Info
  • Credit
信頼関係で結ばれたベテランデュオが阿吽の呼吸で響かせ合うチェロ・ソナタ

個性的なアーティストのリリースで世界中のクラシック・ファンの人気を博すスイスの老舗レーベル“Claves Records”より、ベテランデュオによるロシアの必聴チェロ・ソナタ集がハイレゾで登場!

スイス出身のチェリストのマッティア・ザッパはルガーノ音楽院を卒業後、ジュリアード音楽院にてハーヴェイ・シャピロに師事。2000年からデヴィッド・ジンマン率いる(~2014年)チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団のメンバーとして活躍している。イタリア出身のピアニストのマッシミリアーノ・マイノルフィは、若い頃から数々の国内外のコンクールで優勝を勝ち取ってきた。1996年、ジュリアード音楽院を卒業してわずか数か月後に「Young Concert Artist International Auditions」で優勝を果たし、カーネギーホールでデビュー。アレクサンダー・ロンクヴィッヒらに師事し研鑽を積み、現在はソリスト、室内音楽家として世界を飛び回っている。2人はジュリアード音楽院時代の1994年にデュオを結成し、2003年にベルリン・フィルハーモニーホールでデビュー。その様子はヨーロッパ各国で生中継された。

結成20年目の2014年に、ザッパ&マイノルフィのデュオがアルバムのテーマとして採り上げた、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、アルフレート・シュニトケによるロシアの3つのチェロ・ソナタ。シュニトケは他の2人よりも若干若く、作品も最も遅い1978年に書かれたものではあるが、ソビエト時代に生きた20世紀の音楽家の作品を聴き比べるのに最適な選曲である。

オススメは7曲目の「IV Allegro」。冒頭にピアノで奏でられる耳馴染みの良い主題が、後半で再び現れる際に伴うチェロがプロペラ音のような独特な響きで印象付けるのが興味深い。10曲目の「III. Largo」は、3作品の中で“最新”なこともあり、クラシック音楽との違いが歴然で、完全なる現代音楽のチェロ・ソナタを楽しめる。

人生の半分を共にしてきたデュオとあって、安定感のある土台や技術、表現力などのマッチ具合が光る1枚!
【ロシアのチェロ・ソナタ集/Mattia Zappa, Massimiliano Mainolfi/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |