When We Were Young (PCM 48kHz/24bit)

Michael Kaneko

origami PRODUCTIONS

2019/01/30

(P)2019 origami PRODUCTIONS
(C)2019 origami PRODUCTIONS

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

このタイトルは曲単位での販売となります
※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
When We Were Young
00:03:44
¥324
カートに追加

Michael Kaneko[アーティスト], Michael Kaneko[作詞], Michael Kaneko[作曲], Michael Kaneko[編曲]

  • Info
  • Credit
日本で最も世界に近いMichael Kanekoが2019年最初に放つニューシングルが完成!

Michael Kanekoは「When We Were Young」で''いくつになっても懲りない自分''を歌う。
若いときにあれだけ苦い思いをして、もう懲り懲りだと思った恋愛・友情・そして夢。でもまた懲りずに同じことしてしまう。
そんな自分に嫌気が差すが、歌詞と相反するカリフォルニア産のカラッとしたアコースティックなアレンジで''そんな自分も嫌いではない、何度でも立ち上がるんだ''と自分自身を奮い立たせているかのようだ。
歌詞、メロディ、サウンドが一体となり、一筋縄ではいかない心情を吐き出している。
また、一癖あるのは11拍子のリズムアレンジ。しかし全く難解に感じさせないのは、声、そしてメロディの素晴らしさの裏付けともなっている。

【アーティスト・プロフィール】
湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。
ウィスパーながらも芯のあるシルキーヴォイスが話題となり、デビュー前にもかかわらずその声は5,000万人に届くことに。
2017年『Westbound EP』をリリース、活躍の場を世界規模で広げている。
【When We Were Young (PCM 48kHz/24bit)/Michael Kaneko/ハイレゾ】

関連アルバム

 | 

 |   |