ワーナークラシック12月のプライスオフ開催!

年末は、ベートーヴェンの「第九」交響曲の演奏が恒例の行事となっていますが、2020年はベートーヴェン生誕250周年にあたることから、ベートーヴェン・イヤーの華々しい幕開けの季節ともなります。「第九」のテッパン名盤のフルトヴェングラー指揮の音源を中心に、樫本大進演奏のヴァイオリン・ソナタ、ゴーティエ・カピュソン演奏のチェロ・ソナタなどベートーヴェン作品の音源をまとめてプライス・オフ。さらに東京交響楽団への客演来日の、英国の俊英ピアニスト、マーティン・ジェイムズ・バートレットのデビュー盤もラインアップしています。

 | 

 |   |