ピアニスト・藤田真央、チャイコフスキー国際コンクール・ピアノ部門にて第 2 位

世界3大音楽コンクールのひとつである「チャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門でファイナルに進出したピアニスト、藤田真央が堂々の2位入賞を果たしました!

ご本人からのコメント動画も到着!


★第16回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門 ファイナル・ラウンド
藤田真央出場予定:6 月 27 日(木)24:00 (= 28 日(金)0:00)(日本時間)
結果発表:6 月 28 日(金)4:30(日本時間)

チャイコフスキー国際コンクールとは
エリザベート王妃国際音楽コンクール、ショパン国際ピアノコンクールと並ぶ世界3大コンクールの1つ。4年に1度開催。ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽、木管楽器、金管楽器部門がある。今回の第16回コンクールは、部門合計で58カ国954名の応募があり史上最多を記録。ピアノ部門のファースト・ラウンドは25名、セミファイナルは14名、ファイナルは7名が進出。藤田真央は日本人として唯一のファイナル進出者であり、7名のなかで最年少である。

◆関連記事:新世代の若手ピアニスト藤田真央が3rdアルバム『passage パッセージ』で聴かせる音色へのこだわり
◆関連記事:ピアニストの個性とレコーディングの特性のマッチングを聴く──藤田真央『passage』配信開始

 | 

 |   |