PC SP

ゲストさん

NEWS

<< <  49 of 55 > >> 

【憂歌兄弟インタビュー】これはもうバッチリでしょう。こんな音で配信してもらえるとは嬉しいです。

2014/04/17
日本のブルース界を代表する伝説のバンド憂歌団、そのメンバーでボーカルの木村充揮さんとギターの内田勘太郎さんによるユニット「憂歌兄弟」がこのたび新譜をリリースしました。LP+CDのセット販売の他、e-onkyo musicではハイレゾ音源(96kHz/24bit)での配信が開始されました。お二人が一緒に作品を発表され活動されることは、音楽ファンにはとても嬉しいニュースです。そのお二人にお話しを伺いました。
もっと見る

ハイレゾで増幅するバッティストーニの魔法体験!

2014/04/15
日本コロムビアさんが主催する「女子クラ部」という試み、ご存じでしょうか?女性にはとっつきにくい、あるいは難しいというイメージを持たれがちなあるクラシック音楽をもっと身近に感じていただこう、というこの試み、実は多くの部員を集める人気企画なのです。
今回は、そんな「女子クラ部」の方々にお集まりいただき、弱冠20代半ばというイタリアの若き天才指揮者、アンドレア・バッティストーニの最新録音「レスピーギ:ローマ三部作」をハイレゾ・サラウンドでお聴きいただくイベントを開催しましたので、その結果報告です!
もっと見る

音楽に選ばれし男、アーサー・ジェフスによるペンギン・カフェ

2014/04/09
「ペンギン・カフェ・オーケストラ」は1972年頃、英国の音楽家サイモン・ジェフス(1949-1997)によって結成された。そのアンビエント、ミニマル、クラシック、ジャズ……、あらゆるジャンルがミックスされた独創的な音楽に、音楽家をはじめとする多く人が魅了された。

1997年にリーダー、サイモン・ジェフスが亡くなるとやむを得ず活動停止していたが、2009年にその息子、アーサー・ジェフスにより「ペンギン・カフェ」が再結成。メンバーを一新し、名前も「ペンギン・カフェ」と改名した。

2009年に新生「ペンギン・カフェ」としてアルバム『ア・マター・オブ・ライフ…』を発表(日本版2011年発売)。ペンギン・カフェの劇的復活として多くの音楽通のあいだで話題をさらったこの前作から3年、セカンドアルバム『ザ・レッド・ブック』がいよいよリリースされた。今回は嬉しいことに、初めてハイレゾでのリリースというおまけつきだ。

この『ザ・レッド・ブック』というアルバムタイトルは、心理学者カール・ユングの著書『赤の書』と、CDのプレスを行う時のマスターディスクである「レッド・ブック・マスター」とのダブルミーニングだという。

来日したアーサー・ジェフス氏に新作について話を聞いた。
もっと見る

レコーディング日記 Vol.2 ~ 『FOR SLEEPLESS NIGHT 眠れない夜に聴く音楽』

2014/04/03
フルDSDレコーディングがハイレゾファンの間でも大きな話題となった前作『Cello Bouquet (チェロ ブーケ)』から約4か月。早くも溝口肇の新作『FOR SLEEPLESS NIGHT 眠れない夜に聴く音楽』がリリース。チェロ・クインテットによるクラシック・ライクな前作から一転、今作では一流のミュージシャンやアーティスト、作家陣が参画する“FOR SLEEPLESS NIGHT” PROJECTによる「眠るための音楽」を追求した作品。溝口氏自身も作曲、演奏のみならずプログラミングやピアノなども手掛ける。

ここでは前作に続き、溝口肇本人による「レコーディング日記」をご紹介。アーティストとして「音」に対し真摯に向き合う氏の姿が垣間見れる、素晴らしい内容です。是非お楽しみください。

4月3日 UPDATE!
もっと見る

消費税率変更に伴うご案内

2014/04/01
平素はe-onkyo musicをご利用いただき誠にありがとうございます。
2014年4月1日より施行されました消費税率変更(5%→8%)に伴い表示価格が変更になっておりますのでご案内申し上げます。
何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
もっと見る

ALFA MUSIC ~イタリアの「粋」を体現するジャズ・レーベル~

2014/03/28
イタリア・ジャズ界の重鎮ピアニスト、エンリコ・ピエラヌンツィをはじめ、アンドレア・ベネベンターノや女流ピアニスト、ステファニア・タリーニなど、イタリアを代表するアーティストを多く輩出、ここ日本でも欧州ジャズ・ファンを中心に根強い人気を誇るレーベル「ALFA MUSIC」。その珠玉の作品群10作が一挙ハイレゾ配信スタート。

世界中でヒットを記録し、イタリア産ピアノ・トリオの超人気盤としても知られる『TRINACRIA』をはじめ、イタリアジャズ界のオールスターが一同に会したハードバップの傑作『Seven』。更に繊細な美しさを放つ若手ピアニスト、フランシスコ・ネグロによる『Silentium』など、ピアノ・トリオを中心に、どれもが独自のカラーを放つ作品となっている。

ここでは、ジャズ・ファンを魅了する「ALFA MUSIC」の音楽性とサウンドの秘密を紐解くべく、レーベル創立者のひとりであり、A&R/プロデューサーも務めるファブリツィーオ・サルバトーレ氏にメールインタヴューを敢行。「ALFA MUSIC」のサウンドと音楽性について大いに語っていただいた。
もっと見る

収録時間6時間超!ファイナルファンタジー 最新のオリジナルサウンドトラックを 96kHz/24bitで配信スタート!

2014/03/26
「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」のBGMを収録した『A REALM REBORN: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack』が遂にハイレゾ配信スタート!本作の作曲を担当された、サウンドディレクター祖堅正慶氏にコメントを寄せていただきました!
もっと見る

シンガーソングライター、NIKIIEインタビュー

2014/03/26
デビューシングル「春夏秋冬」などでも知られるシンガーソングライター、NIKIIE(ニキー)。今回、新曲となる「どこまでも」に加え、過去のアルバムやミニアルバムも一挙にハイレゾ配信。今回は彼女の作品を数多く手がけるレコーディングエンジニア、中村文俊さんもお迎えして、実際にそのサウンドクオリティをチェックしていただきました。
もっと見る

ハイレゾの恩恵を如実に感じる音響彫刻

2014/03/19
日本のポップカルチャーのアイコンとして、海外でも非常に高い評価を得るCORNELIUSの代表作ともいえるアルバム『Sensuous』がいよいよハイレゾ配信スタート。この誰もが待ちわびた『Sensuous』のハイレゾ版を、ライター小野島 大のレヴューと共にご紹介します。
もっと見る

連載『辛口ハイレゾ・レビュー 太鼓判ハイレゾ音源はこれだ!』 第8回

2014/03/14
辛口ハイレゾ・レビュー第8回は、前回に引き続き、歌手 笹川美和さん、ディレクター安藤雄司さん、そしてエンジニア渡邊省二郎さんへのインタビューの後編です。太鼓判ソフト『そして太陽の光を』がどのように制作されたのか?その裏側に迫ります!
もっと見る
<< <  49 of 55 > >>