PC SP

ゲストさん

NEWS

『ワンダと巨像』リードオーディオデザイナー井村知浩氏スペシャルインタヴュー

2018/02/08
PlayStation2(R)ソフトとして大ヒットを記録した『ワンダと巨像』が、PlayStation4(R)用にフルリメイク!!
それに合せてハイレゾ・リマスターされたオリジナル・サウンドトラックが登場!!本作のリードオーディオデザイナー井村知浩氏がメールインタヴューに応じてくれた。


『ワンダと巨像 Original Soundtrack』


■どういったコンセプトで今作の制作に臨まれましたか?

PlayStation®4(PS4)版『ワンダと巨像』はPS4の性能をフルに発揮したリメイク作品となります。特にグラフィックスは大幅に強化されたので、音楽はどんな形で搭載するのがベストか検討を重ねました。全曲アレンジするという案もあったのですが、PlayStation®2(PS2)版開発時に制作された楽曲は、当時すでにオーケストラレコーディングされたものであり、現在でも通用する十分なクオリティを持っているため、原曲を維持して搭載することに決めました。しかしPS2版ではゲームの都合上、音楽の音質を圧縮して搭載する必要があったため、楽曲本来の魅力を最大限発揮することができずにおりました。そこでPS4版では最良の音質で搭載すると共に、HDゲーム機では主流となったサラウンドフォーマットとすることを着地点としました。具体的には全楽曲を5.1chでMixし直しています。結果的に楽曲自体の魅力はそのままに、最良の音質でゲーム機から再生することを実現できました。


■ハイレゾマスタリング に至った経緯やエピソード、こだわり、聴きどころなど教えてください。

全曲5.1chでミックスをしたものの、音楽配信ではステレオフォーマットが一般的です。ステレオで配信した場合、既に発売されているCDとそう大差ないものとなってしまいます。そこでハイレゾマスタリングを行い、現代的な音質に生まれ変わらせることで、この先もずっと皆様に愛される音楽になれることを目指しました。

ハイレゾ化により各楽曲の魅力は一段と上がりました。巨像戦の音楽は、打楽器が更に引き締まって勢いが増し、気分を高揚させます。イベント系の音楽では、ブズーキやシンセの音がより綺麗に響いて繊細な印象が増しました。旧盤を聞き込んでくださった方でも、ハイレゾ版ではまた新鮮な印象を持っていただけると確信しています。



■ハイレゾで聴いてみたい+思い入れのゲームなどあれば教えてください。

e-onkyo musicさんのサイトを覗いたら『ドラゴンクエストXI過ぎ去りし時を求めて』のハイレゾ版が配信されていますね!ドラクエのハイレゾ版をずっと待っていましたが、いよいよ配信が始まってとても嬉しいです!この原稿を書き終えたらすぐに購入しようと思います。自分自身、ドラクエの音楽は子供の頃から慣れ親しんでいるので、これをきっかけに過去作のハイレゾ版もぜひリリースして欲しいと思います。


■最後に、e-onkyo musicのユーザーにメッセージをお願いします。

自分自身2~3年前からハイレゾミュージックを楽しんでいます。まだまだ機器を揃える敷居やハイレゾ音源の価格は高いですが、ハイレゾの音質は一度聴いたら病み付きになる魅力があります。聞き込んだ旧盤のリマスターでも「こんな音が入っていたのか」という発見もありますし、アーティストがスタジオで作った音と同等の音質で音楽を楽しめるのは贅沢な体験だと思います。今後もゲームの音楽だけに限らず、あらゆる音を最大限高品質な形でユーザーの皆様にお届けできればと思っております。

◆PS4(R)『ワンダと巨像』コンポーザー大谷 幸氏インタビュー動画公開中!


◆PS4(R)『ワンダと巨像』トレーラー映像


◆オフィシャルサイトはコチラ https://www.jp.playstation.com/games/wander/