PC SP

ゲストさん

NEWS

【2月2日更新】新番組!極上新譜24bitクラシック

2018/02/02
~高音質+クラシック新譜で極上気分!~

MUSICBIRD10月新番組「極上新譜24bitクラシック」
124ch毎週日曜11時~16時(土曜再放送11時~16時)

毎月のクラシック新譜の中から、「音」「演奏内容」ともに秀逸なハイレゾソフトを厳選して紹介。

OA予定日:12月31日、1月7日、14日、21日、28日
毎週日曜日11:00~16:00(再放送土曜日11:00~16:00)放送
文◎清水葉子
◆2月4日
バッハのゴルトベルク変奏曲といえば様々な演奏、編曲版が続々と登場しているが、ここでまた個性派の1枚が登場した。その名も『Ji(ジ)』。韓国出身、アメリカで学んだピアニストのデビュー作である。聴いてみると若さゆえの躍動感とともに備えているのは意外なほどロマンティックな感性だ。ゆったりとペダリングも用いて惜しみなく歌うかと思えば踵を返して疾走する。今後バッハ以外のレパートリーが気になる。
続いてG管アルト・リコーダー、フラウト・イタリアーノによるバロック作品集。演奏はベテラン山岡重治。ガンバやチェンバロとの音のバランスも素晴らしい。
今月まとめてご紹介するのは飯森範親と山形交響楽団によるモーツァルトの交響曲全集。端正な演奏にも優れた録音にも高いクォリティが窺える。この日は初期の作品「ランバッハ」と第7〜14番までをお届け。 最後はサクソフォンの大森義基らによる「バラとナイチンゲール」と題した洒落たアルバム。ハープとマリンバのアレンジで一味違ったアンサンブルを堪能できる。


『Bach: Goldberg Variations, BWV 988』 / Ji


◆2月11日
この日は乗りに乗っているアメリカのメゾ・ソプラノ、ジョイス・ディドナートを起用したジェイク・ヘギーのオペラ「グレート・スコット」から。人気劇作家テレンス・マクナリーによる、現代アメリカの都市を舞台にした意欲作でディドナートの抜きん出たエンターテイメント性が存分に発揮されている。
続いて生誕100年のバーンスタインはユダヤ的なモティーフの交響曲「カディッシュ」とバレエ「ディバック」第2組曲。彼のルーツを知るに最適なアルバムだ。
飯森範親&山形響のモーツァルトの交響曲全集からこの日は第25番のト短調をお届け。ご存知映画「アマデウス」にも使用された数少ない短調の人気曲。
そして最後はアンリ・ドマルケットのチェロでアルバム「Echoes」。


『Heggie: Great Scott』 / Joyce DiDonato


◆2月18日
昨年惜しくも亡くなったチェコの名匠ビエロフラーヴェク。彼の母国の代名詞ともいえる作品スメタナの「わが祖国」がリリース。チェコの自然と愛国心に満ち溢れたこの曲をビエロフラーヴェクが端正に、かつ情感豊かに描き出す見事な演奏。
引き続き飯森範親&山形響のモーツァルトの交響曲全集から中期の傑作を。第29番、第31番「パリ」、第35番「ハフナー」、第36番「リンツ」、第38番「プラハ」と標題付きの人気曲を集めてお送りする。
今月はチェロ・アルバムに秀作が多いのも注目。最後はジャン・ギアン・ケラスとアレクサンドル・タローの組み合わせによるブラームス作品集。前半にチェロ・ソナタ、後半にハンガリー舞曲と硬軟合わせたプログラムで楽しめる。


『スメタナ:連作交響詩《わが祖国》』 / チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 >, イルジー・ビエロフラーヴェク


◆2月25日
名だたるヴィルトゥオーゾが集うルツェルン祝祭管弦楽団を巨匠リッカルド・シャイーが率いて登場。曲はストラヴィンスキーの「春の祭典」をメインにしたアルバムで前半には「葬送の歌」、組曲「牧神と羊飼いの娘」など世界初録音を含む珍しい作品が収録されている。しかし何といってもこのオケの力量を存分に発揮しているのはやはり「ハルサイ」だ。曲の持つ原始的なリズムを一糸乱れぬ強烈なアンサンブルで聴かせる。ハイレゾの高精細な音世界とともにその迫力には慄くほど。
続いて今月ピックアップしてお届けしてきた飯森範親&山形響のモーツァルトの交響曲全集は最高傑作の後期交響曲を含む4曲。第34、39、40番、そして第41番「ジュピター」で完結。
最後はこれも出色のアルバム、注目の若手チェリスト、エドガー・モローのチェロ・ソナタ集だ。フランク、プーランクといったフランス系作品とリタ・ストロール、フェルナン・ド・ラ・トンベルなど珍しいレパートリーも取り入れつつ、天衣無縫に歌うチェロの伸びやかな音色はこれからがますます楽しみな逸材だ。


『Stravinsky: The Rite of Spring; Scherzo fantastique, Chant funebre; Faun & Shepherdess』 / ルツェルン音楽祭管弦楽団 >, リッカルド・シャイー >





※ミュージックバードとは
音楽にこだわる人の「高音質」音楽放送サービス。
本格派クラシック、ジャズをはじめ、歌謡・演歌、ロック、J-POPなど、 音楽ジャンルごとに専門チャンネルを放送。
いい音にこだわる オーディオ・ファンのためのチャンネル「THE AUDIO」も絶賛放送中!
初期費用無料、月額2,000円(税別)で楽しめる「コミコミLight」プラン好評受付中。
「コミコミLight」の詳細はコチラ→ http://musicbird.jp/komikomi/a

バックナンバー
【10月5日更新】新番組!極上新譜24bitクラシック
【11月10日更新】新番組!極上新譜24bitクラシック
【12月07日更新】新番組!極上新譜24bitクラシック
【12月28日更新】新番組!極上新譜24bitクラシック


お問合せは、
ミュージックバード カスタマーセンター TEL 03-3221-9000
<平日・日・祝日>10:00~12:00、13:00~18:00 (※土曜休業)
オフィシャル・ウェブサイト


*********
清水葉子(ディレクター) フリーランス・ラジオディレクター。TOKYO FMの早朝の音楽番組「SYMPHONIA」、衛星デジタル音楽放送ミュージック・バードでクラシック音楽の番組を多数担当。「ニューディスク・ナビ」「24bit で聴くクラシック」など。趣味は料理と芸術鑑賞。最近はまっているのは筋トレ。



*********