PC SP

ゲストさん

NEWS

「ハイレゾクラシック the First Selection」32bitリマスター版配信開始

2017/01/19
2015年、e-onkyo musicほか主要ハイレゾ3サイトでアルバム総合1位を獲得したハイレゾ・コンピレーション「ハイレゾクラシック the First Selection」(Naxos)。この人気アルバムの192kHz/32bit 及び 192kHz/24bitリマスター版が配信開始となりました。
※32bit版は、e-onkyo musicのみでの配信となります(2017.1.19現在)。

Various Artists
『ハイレゾクラシック the First Selection (eilex HD Remaster version)』
192kHz/32bit 及び 192kHz/24bit アルバム/1620円

※96kHz/24bitのオリジナルバージョンはこちら⇒






96kHz/24bit のオリジナルソースをアップコンバートしたのは、現在多くのオーディオのプロが注目するアイレックス株式会社の独自開発技術「Eilex HD Remaster」。

アイレックス株式会社解説ページ
井筒香奈江アルバム(Eilex HD Remaster)紹介記事

「ただアップコンバートしただけでは全く意味がありません。そこにいかに「意味のある正しい音声情報」を補完するか、それが最も重要なポイントです。」

そうしたポリシーをもとに、「レコーディング時の生音にはあったはずの超高域倍音成分」を、独自の研究に基づくアルゴリズムで算出。自然界の生音に限りなく近くなるように補完するのが、このEilex HD Remaster 技術。

機械的なアップサンプリングではなく、逆に、過剰なハイファイ演出を付加することもありません。
「マスターは本来きっとこのような音源だったのだろう」という想定をもとに、そこに限りなく近づくことを目指したリマスター作業を進めていきます。

技術担当の堀部公史氏によれば、このリマスター技術を用いて、大編成のオーケストラ音源を手掛けたのは本作がはじめてとのこと。
個々の楽器の位置関係から、ホールの残響まで。様々な要素がエンジニアにとっての技術的なポイントであり、リスナーにとっての聴きどころにもなります。

 
* * *


このリリースに先立って、オンキヨー&パイオニアイノベーションズ株式会社の地下マリンシアターでは、『Net Audio』誌の取材と、それに伴う試聴会が開催され、いくつかの192kHz/32bitトラックをオリジナルバージョン(96kHz/24bit)と聴き比べました。

ヨーヨー・マなどの録音を手掛け、多くのグラミー受賞歴を持つスティーブン・エプスタイン氏のプロデュースによる、ヴィヴァルディの「四季より春」(Tr.1)。
「大宇宙が響き始める様子」という作曲コンセプトを具現化したかのようなホールいっぱいの録音を味わえる、マーラーの「千人の交響曲」(Tr.7)。
舞台上にスポットを当てるかのように、さまざまな楽器が前後左右から徐々に姿を現していく奥行き感が聴きどころの、ラヴェルの「ボレロ」(Tr.8)。

オリジナルアルバムにおいてもリスナーから高い評価を得たこれらの人気トラックを抑えて、この試聴会でもっとも多く感嘆の声が挙がったのは、意外にも、ベルリオーズ「幻想交響曲 Op.14 - 第2楽章 舞踏会」(Tr3)。

低い弦楽器のさざめきの中から2台のハープがきらびやかに立ち上がり、やがてゆるやかなワルツへと移ろっていくこの曲。堀部氏自ら「自分で作業しておいて何ですけど、素敵!」と唸ります。「まるでスピーカーの外に音があるように聞こえる。ステージの広がりを感じさせる響きを蘇らせることができた」と、このリマスターの表現力に太鼓判を押します。
オリジナル(96kHz/24bit)と聴き比べると、「質感、なめらかさ、心地よさ」が向上しているばかりでなく、「音質にすっきり感が出ている」という意見も挙がりました。「そう、静かになりましたよね」と、堀部氏も同意。派手な音ばかりではなく、こうしたミドルテンポの穏やかなワルツにおける、音量・音質の繊細な再現力も、この「Eilex HD Remaster」の特性といえるでしょう。

オリジナルバージョンと比較した際に、「とにかく、誰にでもわかるレベルで、明らかに音が違う」というのが、その場にいる全員の総意。マスターの意図する音を追求した結果としての、装い新たなリマスター。もし32bit対応の再生機器を持っていなかったとしても、その堅実な哲学は、肌触りのように耳に伝わってきます。

また、192kHz/32bitリマスター版 と192kHz/24bitリマスター版は、それぞれのスペックの特性に応じ、別個のリマスター処理を施されています。
ぜひ、
オリジナル(96kHz/24bit)
リマスター(192kHz/32bit)
リマスター(192kHz/24bit)
の3種類のお聴き比べをお愉しみください。