PC SP

ゲストさん

NEWS

日本初!e-onkyo musicにてMQA音源の配信開始

2016/09/21
e-onkyo musicでは、2016年4月12日より国内で初となる、スタジオマスターと同じ高音質を再現しながらストリーミングやダウンロードが容易に行えるほど小容量サイズという、高音質と利便性を両立した革新的な高音質技術「MQA」音源の配信を開始。2017年9月7日からはワーナーミュージック・ジャパン作品の配信がスタート。 ◆更新情報:2017/9/7 ワーナーミュージック 約1200タイトル追加!
        :2016/9/21 RME Premium Recordingsレーベルより9タイトル追加!














「MQA(Master Quality Authenticated)」はハイクオリティなオーディオ機器でも知られるMeridian Audioによって開発された高音質技術。ファイルサイズをWAV に比べ数分の1程度の容量におさえながらも、スタジオマスター同等のクオリティで音をお届けできる、まったく新しいコーディング技術です。



◆「MQA」技術の一つ目の特徴は「音質の向上」
一般的なアナログ音声のデジタル信号化のためのフィルターは、オリジナルの音楽信号の波形の直前と直後にリンギング(エコー)を発生させ、時間的な「音のボケ」や滲みの原因となりますが、MQAはそのリンギングを1/10以下に抑え、よりナチュラルな音を再現します。出典:Meridian Audio




◆「MQA」技術の二つ目の特徴は「小容量化」
MQAは「音の折り紙」という方法を使って大容量の高解像度ファイルをダウンサイジングして、スタジオマスターと同じ高音質を再現しながらストリーミングやダウンロードが容易に行えるほど小容量のファイルに変換することができます。マスター音源が192kHzや384kHzなどの超高域コンテンツを「音の折り紙」と呼ばれる技術で可聴帯域内に折りたたみ小容量化。それを「MQA」デコーダーで再生することにより、折りたたまれた超高域コンテンツを再現することができます。出典:Meridian Audio



◆MERIDIAN AUDIO 「MQA」紹介ページ
◆MERIDIAN AUDIO オフィシャル・サイト