PC SP

ゲストさん

NEWS

【インタビュー】待望のメジャー・デビュー作品をハイレゾで!実力派ヴァイオリニスト石川綾子さんインタビュー

2015/12/09
きゃりーぱみゅぱみゅ、May J.、小林幸子、華原朋美など、さまざまなアーティストとライヴ等でコラボレーションし、また、テレビ朝日「関ジャニの仕分け∞」バイオリン王No.1決定戦にて優勝し、動画サイトにて圧倒的な人気を得るなど、話題急上昇中の実力派ヴァイオリニスト、石川綾子さんが待望のメジャーデビュー・アルバム『ANIME CLASSIC』をハイレゾで発表!早速ご本人に、本作のレコーディングなどについて、お話を伺いました!

『ANIME CLASSIC』
/石川綾子


>>前作配信時のインタビューはこちら!

― 「ANIME CLASSIC」のレコーディングについてお伺いします。今回レコーディング期間はどれくらいかかりましたか?

石川:選曲段階も含めると4~5ヶ月位かと思います。

― 実際に綾子さんのヴァイオリンのレコーディング期間はどれくらいかかりましたか?

石川:一週間位だったかなと思いますが、その時期はコンサートも多く開催しており、レコーディング、コンサート、レコーディング・・という事を繰り返す毎日だったので、あまり日にちの感覚がありませんでした(笑)

― 今作はこれまでの綾子さんのアルバムと比べるとかなりロック調な音に仕上がったと思うのですが、その辺りはいかがでしょうか?

石川:とてもかっこいいアレンジに仕上がり、嬉しいです!
レコーディング中、ヘッドフォン越しにミキシングルームに居るスタッフの声が聞こえてくるのですが、演奏が終わるたびに「ロックだねー!かっこいい!」と盛り上がってくれていたので、すごく楽しく演奏させて頂きました!

― クラシックと比べてロックを演奏するっていうのは、ご自身の中でどういう感覚なんですか?

石川:一番の大きな違いはビート感かなと思います。やはりロックなので、いかにしてグルーヴに乗って演奏出来るかを意識して、音楽を心から楽しんでリズムに乗って演奏させて頂きました。

― 割と原曲をイメージさせるアレンジが多かったと思うのですが?

石川:今作はアニメソングのカヴァーアルバムという事で、原曲のアニメソングに思い入れのある方もとても多いと思います。なるべく原曲に忠実に仕上げる事を心がけました。ただ、その中でもクラシックヴァイオリンの魅力もお伝え出来たら、という思いで心をこめて演奏させて頂きました。

― ミックスダウンは大変でしたか?

石川:ミックスダウンは1曲1曲と向き合える大切な時間でした。
今回はロック調のアレンジという事もあり、その中でいかにしてクラッシックの音色を響かすことが出来るか?そのバランスがすごく難しくて。そこに関して皆で意見を出し合って、結果としてものすごく良いアルバムに仕上がりました。

― レコーディングで一番苦労した点はどこですか?

石川:(しばし考えて)・・スケジューリングかなと思います。コンサート期間中にレコーディングを入れていたのですが、コンサートもレコーディングもどちらも大切な「本番」のため、その本番に向けた特訓時間の確保が難しかったです。いつも「本番」が終わった後に、深夜の特訓を開始していました。ただ本当に素晴らしいスタッフに恵まれ、レコーディング中もいつも和気あいあいと楽しい雰囲気を作ってくださり、幸せだなと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです。

― 今回ヴェイオリンのディレクションで、B’z等を手掛けられていた元ビーイングの寺島良一さんが入ってましたが?

石川:寺島さんは人としても本当に素晴らしい方で、彼との出会いに凄く感謝しています。とても褒め上手で、「綾子さん、今の良いねー!これで行こう!」といつも笑顔で褒めてくださり、モチベーションを上げてくださいました。寺島さんのお陰で、夜中の2時でも3時でもテンション高く演奏出来ました!

― 今回全12曲収録されていますが、印象的な曲とか思い出深い曲はありますか?

石川:それぞれ印象深いのですが、その中でも「君の知らない物語」はやはり印象深いです。ミュージックビデオも作らせて頂きました。

― 元々カヴァーしてニコニコ動画でもアップしていた曲ですよね?

石川:ニコニコ動画の視聴者の方々からリクエストを頂いて、2年前の七夕の日に演奏させて頂きました。

― その時と今回と、どう違いますか?

石川:今回はこの曲をレコーディングする前に一人でカラオケに行って「君の知らない物語」を歌で練習して来ました(笑)。実際に何度も歌う事によって演奏中に歌詞が頭の中で流れるようになるので、お客様がどういう景色を抱いて私の演奏を聴いてくださるのかを想像して演奏出来ました。

― PVは出来上がってみていかがでしたか?

石川:PVチームも監督をはじめとして最高に素晴らしいスタッフに恵まれ、多くの方々のお陰でとても素敵なPVに仕上がったと思います。今回のPVの世界観が私は大好きで、音に乗せていろんな物が無重力になっていくんです!演奏していくにつれて、椅子や、ボールや、最後には私自身までもが浮き上がりますので、是非最後までご覧頂ければと思います。



― 今回はエンジニアにティンバランドやザ・キラーズを手掛けているNeeraj Khajanchi(ニラジ・カジャンチ)さんを起用されましたが、一緒にお仕事してみていかがでしたか?

石川:ニラジさんは素晴らしい方でした!出会えて本当に良かったです。音楽仲間としても、彼との出逢いは私にとって宝物です。
夜中に熱く語ったこともありました。私が今作を本当に良い作品にしたいと涙ながらに語り、それを全て受け止めてくれ本気でこのアルバム制作に取り組んでくださいました。彼が居なければこんなに素晴らしい作品になっていませんでした。心から感謝しています。

― レコーディングは彼のプライベートスタジオで?

石川:はい!照明がピンクがかった紫色でムードがあり、とても素敵な雰囲気のスタジオでした!


― マスタリングはソニー乃木坂スタジオの鈴木浩二さんが手掛けていますが、いかがでしたか?

石川:今回、初めてお会いしたのですが、出来上がった音を聴いた時にあまりにも素晴らしい音で感動しました。鈴木さんが手掛ける音はどのスピーカーで聴いても全て良く聴こえるんです。ヴァイオリンのオールドな音色を保ちつつ、迫力のある音も残して下さって感激しています!

― では最後に、ハイレゾファンの皆さんに一言お願いします。

石川:今までのクラシックの楽曲と今回のアニメソングのロックテイストな音色、どちらも楽しんで頂けたら光栄です。是非、アニソンのヴァイオリンカヴァーを臨場感あふれるハイレゾでお楽しみください!

〈左からニラジ・カジャンチ氏、石川綾子さん、鈴木浩二氏〉