PC SP

ゲストさん

NEWS

カプコンのハイレゾ配信、ついにスタート! 第一弾は、バイオハザードリベレーションズ2!

2015/02/18
今回配信となるのは、3月18日(水)配信のミニアルバムに先駆け、前作「バイオハザード リベレーションズ」のテーマ曲でもある「Revelations -Full Ver.-」、及び最新作「バイオハザード リベレーションズ2」から選び抜かれた珠玉の楽曲だ。

脅威のマスタリング技術によって磨かれたリベレーションズサウンドを是非ハイレゾで体感して頂きたい。

■サウンドディレクター:鈴木幸太氏(カプコン・サウンドチーム)コメント

本作の楽曲制作は、前作から引き続き私と講本一郎氏、さらにはアレンジャーとして、ハリウッドで活躍する作曲家Nima Fakhrara氏を迎え入れた布陣で行いました。ご注目いただきたいのはNima氏の持つカスタムサウンドクリエイトスキルにより、専用の楽器を文字通り「製作」、マニュピレートし、楽曲構築を行っている点となります。
そのオンリーワンの音色をお楽しみいただければ幸いです。 また、Nima氏がアレンジを担当した楽曲は映画音楽業界屈指のプロダクションであるRemote Control Productionsにて、数々の映画音楽制作に携わってきた敏腕エンジニアDaniel Krescoの手により、48khz/24bitにて、ミキシングがなされております。

仕上げは、バーニー・グランドマン・マスタリング・東京の前田康二氏により、96khz/24bitで渾身のマスタリングが施されております。 マスタリングされた音楽を聴いた瞬間、「空が見えた」と言いますか、人間の可聴範囲の上限を考えれば、CD規格の44.1khzでも十分なはずなのですが、音楽を覆っていた壁が取り払われて、より伸びやかに、より自由に奏でられるのを感じました。
私の乏しい文章力ではその感動のすべてを表現できないのが残念ではありますが、その進化したバイオハザードの音楽世界観、是非ご堪能いただければ幸いです!
                                          カプコン サウンドチーム 鈴木 幸太

■マスタリング:前田康二氏(バーニー・グランドマン・マスタリング・東京)コメント

今回はCD 44.1k/16bitではなくハイレゾ96k/24bitで提供されるということなので、 詰め込むのではなくダイナミックスを生かし、伸びやかにサウンドが響くように処理をしました。

こう言うととても何かをしたと思われがちですが、実は逆で。
大きなスケールのものを小さい器に移す場合は色々な試行錯誤をしなければいけません。
小さい形に押し込めても見栄えのよいものにするためです。
逆に小さいスケールのものを大きな器に移す場合は、その形がそのまま入る空間が存在するわけですから、ジェネレーションロスをなくすかに気を配ります。
今回の作業は後者にあたります。

  僕の作業は器の隅にできた空間を若干埋めることでした。
もともとサウンドディレクターの鈴木幸太氏が作った素晴らしい表現力がある楽曲。すでにそれはそこに存在しているわけです。それを余すところなく届けることができてエンジニア冥利につきます。せっかくの機会ですので、CDでは感じることのできない別空間を味わってもらえれば幸いです。

                              バーニー・グランドマン・マスタリング・東京 前田 康二

『Revelations - Full Ver. -』
/カプコン・サウンドチーム



『Revelations 2 Special Medley』
/カプコン・サウンドチーム