PC SP

ゲストさん

NEWS

ヴァイオリニストNAOTO 最新アルバム『Polyvalent』テキストインタヴュー公開!

2019/02/06
NAOTO氏のライフワークである“LIVE"を意識したNAOTO流バンドサウンドが炸裂した最新アルバム『Polyvalent』。先鋭なロックから荘厳なオーケストラまでジャンルレスに幅広く活動するNAOTOだからこそ、それぞれの形式美に敬意を払い、細部まで追求した楽曲が並ぶ。

多数のセッションワーク等をこなす、多忙なNAOTO氏よりインタヴューテキストが到着した。


NAOTO『Polyvalent』


・どういったコンセプトで制作に臨まれましたか?

今回のアルバム『Polyvalent』は、いろんなジャンルを細かく表現し作曲するところから始めて、その上で、ジャンルに合った表現方法、演奏法を出来るだけ極めてみようと思いました。音的にはバンドサウンドを重視してレコーディングしようと思っていたので、素晴らしいミュージシャンの生音をいかに素直に録音できるかが鍵だったような気がします。


・ハイレゾで制作しようと思われた理由を教えてください。

CDよりも、さらにレコーディング時の環境に近い音を、お聴かせすることができ、臨場感を味わっていただけるので、当然ハイレゾバージョンも必要だと思い、制作しました。ただ、正直にいうと、真面目にこだわって作っているんだねって思ってもらいたいだけかもしれませんが(笑)。僕たちが大切にしている細かいニュアンスも、音として感じてもらえるのがハイレゾの魅力ですよね。


・録音機材はどのようなものを使用されましたか?

僕のお気に入りのマイクはNEUMANN87です。基本、これをオンマイクに使っています。過去にいろいろと試しましたが、このマイクが僕のE線の響きを一番正しく録音し、そして再現してくれますね。


・レコーディングの際にこだわった点や聴きどころを教えてください。

いろんなジャンルをヴァイオリンで表現しているので、こんな音楽にもヴァイオリンって合うんだって思ってもらいたいですね。息遣いや弓が擦れる音、左指を押さえる音なども意図的に、ほとんどそのままにしています。そういうところも含めてグルーブ感を感じてもらえると嬉しいな。


・最後に、e-onkyo musicのユーザー様にメッセージをお願いします。

この度、9枚目のオリジナルアルバム『Polyvalent』を発売したヴァイオリニストのNAOTOです!ヴァイオリン=クラシックと思われがちですが、今作では、様々なジャンルにヴァイオリンを掛け合わせることで、マッチングの妙、カジュアル感なども感じていただけるのでは思っています。ヴァイオリンの本来の響きや素晴らしさを伝えたいのはもちろんですが、ヴァイオリンの可能性を皆さんにより感じていただき、楽しんでいただけると嬉しいです。

ありがとうございました!!
◆NAOTO 配信作品一覧はコチラ!