PC SP

ゲストさん

NEWS

DTMステーションCreative第2弾 『Harmony of birds feat. 小岩井ことり』配信記念 サイン色紙プレゼント!

2019/02/06
DTM系ライター藤本健と作曲家多田彰文が実験的に運営する新レーベル、「DTMステーションCreative」の第2弾作品は声優:小岩井ことりをシンガーに迎えたミニアルバム!

e-onkyo musicでは本作の配信を記念して、購入者様の中から抽選で3名様に、小岩井ことりさんのサイン色紙をあなたのお名前入りでプレゼント!奮ってご応募くださいね。


小岩井ことり 『Harmony of birds』


【『Harmony of birds feat. 小岩井ことり』配信記念 サイン色紙プレゼント】

■応募期間:2019年2月6日(水)~20日(水)

■対象者:『Harmony of birds feat. 小岩井ことり』をアルバム購入いただいた方

■応募方法
こちらのお問い合わせフォームよりご応募ください。
お問い合わせの種類に「その他」を選択の上、

・メールアドレス
・氏名
・レシートメールに記載されているご注文番号

を記載して頂き、お問い合わせ内容の欄に「Harmony of birds feat. 小岩井ことり直筆サイン入り色紙」と明記の上、送信して下さい。

※当選された方には、2019年2月21日(木)以降にメールにてご連絡いたします。



◆藤本健(DTMステーション)よりコメントが到着!

 「今回CD用にマスタリングしたものとは別に、ハイレゾ用にマスタリングしたデータを用意しました。1曲目・3曲目の「ハレのち☆ことり♪」は多田彰文さんによる作曲・アレンジで、2曲目・4曲目の「運命の輪を廻す者 XX」は小岩井ことりさん作曲・アレンジで、別々の制作となりました。そして前者は32bit/96kHz、後者は32bit/192kHzで制作しており、もともとハイレゾ配信を前提としたレコーディングも行っていたのです。

 ただ当然CDにする場合には16bit/44.1kHzに落とす必要がありますし、一般的なCDマスタリングの作法というのがあるので、それに揃える形でマスタリングを行っていました。とはいえ、できるかぎり音質にはこだわりたかったので、極端にコンプレッサ、マキシマイザをかけることなく、まとめたので、最近のほかのCD楽曲と比較すると、やや音圧は低めだったかもしれません。

 一方、ハイレゾのほうの音作りは、比較的自由であるため、できる限り小岩井さん、多田さんの制作した結果を尊重し、音を崩さないようにまとめました。強いて言うと、小岩井さん、多田さんが作成した曲同士の音のバランスを揃えるように調整したくらいで、後はあまりいじらずに作っています。

 そのため、通常版とハイレゾ版では音が明らかに異なるので、その違いを感じながら聴いてもらえると嬉しいです。「ハレのち☆ことり♪」はボーカルの声の伸びの違いをチェックしてみてください。一方、「運命の輪を廻す者 XX」はバックに入っている雷の音などのSE音に差が出ているので、それを比較してみると面白いと思います。ぜひ、これらの違い、差を楽しんでみてください。」藤本健



藤本健 プロフィール

DTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオを中心に執筆するライター。インプレスのAV WatchでもDigital Audio Laboratoryを2001年より連載。「Cubase徹底操作ガイド」(リットーミュージック)、「ボーカロイド技術論」(ヤマハミュージックメディア)などの著書も多数ある。趣味は太陽光発電、2004年より自宅の電気を太陽光発電で賄うほか、現在3つの発電所を運用する発電所長でもある。