PC SP

ゲストさん

NEWS

【第4弾追加】 男性マリンバ奏者の第一人者 SINSKEのハイレゾ・シリーズ配信開始

2018/10/24
 世界的に活躍する男性マリンバ奏者の第一人者 SINSKE。海外での著名オーケストラとの共演やコンクール受賞などは勿論のこと、FUJI ROCKフェスティバルへの出演やヤマハとのMIDIマリンバ協同開発、そして尺八演奏家「藤原道山」や女性マリンバ奏者「三村奈々恵」とのコラボレーションなど、スタイルやジャンルを超えたボーダレスな活動を展開する異色の存在だ。ジャズから現代音楽まで幅広いレパートリーを持つ、そのSINSKE珠玉の作品群が、ついにe-onkyo musicにてハイレゾ解禁される。


『Moon De+light U』/SINSKE

All Sound and Music Arrangement, were produced by SINSKE

M-1 & 5 Composed by SINSKE
M-1 Piano & Cymbale,were played by SINSKE
M-4 & 5 Vibraphone was played by SINSKE(YAMAHA YV-3710JM)
M-5 Piano was played by Tamami HIROTA(from 227)

All Marimba was Played and Recorded By SINSKE(YAMAHA YM-5100A)

Recording & Mixing Engineer : Takashi SHIMIZU
Recorded & Mixed at Platinum Garage

Mastering Engineer : Kouji TANAKA
Mastered at JVC Mastering Center



【SINSKE本人による楽曲解説】

Tr.1“月夜浮遊”
尺八演奏者 藤原道山氏の演奏している姿をイメージしながら作曲した作品。 某宝石会社のイベントへ出演させて頂いた際に身に付けた、月をモチーフにしたダイヤモンド・ネックレスのデザインにもインスパイアされています。月が夜空に浮かび、ゆったりと遊んでいるような優雅な世界を表現しています。

Tr.2“ムーンライト・セレナーデ”
トロンボーン奏者 グレン・ミラーが中心となり立ち上げたグレンミラー楽団の演奏によって大ヒットしたこの作品。アメリカにおけるジャズの聖地といえばニューオリンズ、ここから巣立っていったスイングジャズスタイルからの変遷、新しいクラシックジャズのベースとなったディキシーランドジャズの代表作で、まさにジャズ史の中に燦然と輝く名曲。この哀愁に帯びたムードのある作風を重低音が魅力的なマリンバのソロでゆったりと表現しています。

Tr.3“月の光”
色彩の魔術師と言われたフランスの作曲家 ドビュッシーのピアノ作品でベルガマスク組曲の中の第三番、日本語で夜想曲(ノクターン)と言われる 曲調の小品。夜想曲とは「夜の情緒を表す、叙情的な楽曲」と定義され、ショパンの作品にもあるタイトルとして有名です。この曲の当初のタイトルは「感傷的な散歩道」となっていたようですが、後にこのタイトル、第三番「月の光」へと変えられたそうです。マリンバソロでアレンジし収録しています。

Tr.4“ムーン・リバー”
アメリカの小説家 トルーマン・カポーティの作品を映画化した名画「ティファニーで朝食を」の主題歌となった「ムーン・リバー」。シンプルな曲構成にも関わらず本来持つ旋律の美しさとロマンチックな歌詞が多くの人を魅了してきました。沢山の名曲を生み出した希代の作曲家 マンシーニは、主演女優でありこの曲を歌ったオードリー・ヘップバーンが前作主演したミュージカル映画「パリの恋人」での彼女の歌い方を研究し、声域の狭さを逆に利用しこの名曲を生み出しました。

Tr.5“花鳥風月”
ヨーロッパから戻ってきて、日本で活動を始めデビュー10周年を迎えた時に改め自分の10年を振り返りました。海外での充実した生活を思い出し、同時に外の世界から見た日本の美しさに気付いた感覚を落とし込んで、この曲を作曲しました。日本固有の四季の美しさを音にしたもので、四季の移ろいの儚さへの郷愁、そして自然界に流れる動物たちや風景の音を色彩感として脳裏に描き、生まれた作品です。

Tr.6“星に願いを”
ディズニーの名画「ピノキオ」からの一曲。人間の魂があやつり人形の中に吹き込まれ生まれたピノキオ。ピノキオが自分も人間になりたいと心から願ったその想いが音楽の歌詞と連動したとても素敵な作品です。その当時、この映画のディレクターでもあったリー・ハーラインが書いた普遍的なこのメロディーは、これからも永遠に続いていくのだと感じさせてくれます。コンサートでも、この後演奏する曲のタイトルを口頭でお伝えしただけで、小さなお子様から、ご年配のお客様まで 幅広く笑顔にさせられる曲は、この曲だけかも知れません。

Tr.7“道”
日本が世界に誇るマリンバ界の巨匠・安倍圭子氏のソロ作曲作品。大学生の時にまだ誰にもマリンバを習っていない状態で友達にマレット(撥)の握り方を聞いて、独学で練習して初めて弾いたソロの曲。その時はまだマリンバのことも、安倍圭子氏のこともよく知らず、まさかその方がいずれ師匠となり、そしてマリンバを生業として演奏していくことになるとは知るよしもありませんでした。同じ短調のリフが、永続していくような印象を呼び起こさせ、我々の日々続いていく日常、また人生のように感じさせてくれます。このシンプルなローズウッドで出来ている木の鍵盤が生み出す生命力の息遣いを感じて下さい。


【VOICES Marimba ver. ~featuring SINSKE】




<新作商品情報>
2018年12月5日Release
SINSKE『Prays Ave Maria』

<ハイレゾ配信スケジュール>
「Flower For U」2018年8月20日
「BIRD TWEET U」2018年9月12日
「WIND WITH U」2018年10月3日
「Moon De+Light U」2018年10月24日
「Smile*Classics」2018年11月14日
「MUSIC*TRAVELERS」2018年12月5日
「Prays Ave Maria」2018年12月5日


◆男性マリンバ奏者の第一人者 SINSKEのハイレゾ・シリーズ第1弾が配信開始