PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

The Future of Piano

鍵盤男子 >

ワーナーミュージック・ジャパン >

2017/11/29 >
2017 WARNER MUSIC JAPAN INC.
2017 WARNER MUSIC JAPAN INC.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
flac 48kHz/24bit
¥2,469
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

The Future of Piano

+ −
0:03:42
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], 中村匡宏[Composer]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Power Toccata

+ −
0:03:36
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], 中村匡宏[Composer]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Bolero

+ −
0:04:41
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], ラヴェル[Composer]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

言わなきゃよかった、なんてちっとも思ってないくせに・・・

+ −
0:04:20
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], 中村匡宏[Composer]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Sad Smile

+ −
0:04:05
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], 中村匡宏[Composer]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Don't Look Back In Anger

+ −
0:04:44
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], ノエル・ギャラガー[Composer]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Pink Elephant

+ −
0:03:38
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], 中村匡宏[Composer]

#
8
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Pomp and Circumstance

+ −
0:03:40
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], Edward Elgar[Composer], Edwin H. Lemare[Arranger]

#
9
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Creep

+ −
0:05:45
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], Albert Hammond[Composer], ColinGreenwood[Composer], EdwardO'Brien[Composer], JonathanGreenwood[Composer], マイク・ヘイゼルウッド[Composer], PhilipSelway[Composer], ThomasYorke[Composer]

#
10
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Viva La Vida

+ −
0:03:42
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], Chris Martin[Composer], ガイ・ベリーマン[Composer], ジョニー・バックランド[Composer], ウィル・チャンピオン[Composer]

#
11
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Spiral Switch

+ −
0:03:07
アルバム販売のみ
カートに追加

鍵盤男子[MainArtist], 中村匡宏[Composer]

天才×奇才が一台四手で織りなす超絶技巧の高速ピアノ連弾!

繊細かつダイナミックな音楽を奏でるピアニスト、大井健(おおいたけし)と、あらゆるジャンルの音楽を自在に表現する作曲家、中村匡宏(なかむらくにひろ)がタッグを組んだ異色ピアノ・デュオ「鍵盤男子」(けんばんだんし)、待望のメジャーデビュー・アルバム!

作曲家 中村匡宏が全てのサウンドアレンジを担当し、クラシック、ポップス、エレクトロ、オリエンタル・ミュージックなどジャンルレスに要素を取り入れ、オリジナル楽曲を中心に、カヴァーを含む全11曲を収録。
UKロック(「creep」、 「viva la vida 」、 「don’t look back in anger」)のカヴァーは、二人の音楽的ルーツがUKミュージックにあることから選曲を決定。
クラシック音楽からは、コンサートでも人気の定番ナンバー、ラヴェル「ボレロ」を新録。また、原曲の崩し方が絶妙な、エルガー「威風堂々」のアレンジは聴き応えあり!
他の楽器を入れる事なく二人のピアノ演奏のみ(多重録音あり)と、一部リズム、ベースの打ち込みで録音。

【The Future of Piano/鍵盤男子/ハイレゾ】