PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ターン・アップ・ザ・クワイエット

ダイアナ・クラール >

Verve >

2017/05/05 >
(P) 2017 Verve Label Group, a Division of UMG Recordings, Inc.
(C) 2017 Verve Label Group, a Division of UMG Recordings, Inc.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
flac 192kHz/24bit
¥3,680
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ライク・サムワン・イン・ラヴ

+ −
0:03:16
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Vocals], Christian McBride[Double Bass], Russell Malone[Guitar], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Mixer], Al Schmitt[Engineer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Jimmy van Heusen[Composer], Jimmy van Heusen[Author], Johnny Burke[Composer], Johnny Burke[Author]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ロマンティックじゃない?

+ −
0:04:29
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Vocals], John Clayton Jr.[Double Bass], Jeff Hamilton[Drums], Anthony Wilson[Guitar], Stefon Harris[Vibraphone], Joel Derouin[Concert Harp], Charles Bisharat[Violin], Mario DeLeon[Violin], Kevin Connolly[Violin], Neel Hammond[Violin], Tamara Hatwan[Violin], Natalie Leggett[Violin], Songa Lee[Violin], Katia Popov[Violin], Michele Richards[Violin], Kathleen Sloan[Violin], Marcy Vaj[Violin], Ina Veli[Violin], John Wittenberg[Violin], Andrew Duckles[Viola], Kathryn Reddish[Viola], Colleen Sugata[Viola], Michael Whitson[Viola], Jodi Burnett[Cello], Alisha Bauer[Cello], Vanessa Freebairn-Smith[Cello], Jennifer Kuhn[Cello], Alan Broadbent[Cello], Alan Broadbent[Violin, Electric 6-String], Alan Broadbent[Co-Arranger], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Brian Montgomery[Asst. Recording Engineer], Jason Staniulis[Asst. Recording Engineer], Richard Rodgers[Author], Richard Rodgers[Composer], Lorenz Hart[Composer], Lorenz Hart[Author]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ラヴ

+ −
0:04:21
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], John Clayton Jr.[Double Bass], Jeff Hamilton[Drums], Anthony Wilson[Guitar], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Bert Kaempfert[Author], Bert Kaempfert[Composer], Milton Gabler[Composer], Milton Gabler[Author]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ナイト・アンド・デイ

+ −
0:04:39
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], John Clayton Jr.[Double Bass], Jeff Hamilton[Drums], Anthony Wilson[Guitar], Joel Derouin[Concert Harp], Charles Bisharat[Violin], Mario DeLeon[Violin], Kevin Connolly[Violin], Neel Hammond[Violin], Tamara Hatwan[Violin], Natalie Leggett[Violin], Songa Lee[Violin], Katia Popov[Violin], Michele Richards[Violin], Kathleen Sloan[Violin], Marcy Vaj[Violin], Ina Veli[Violin], John Wittenberg[Violin], Andrew Duckles[Viola], Kathryn Reddish[Viola], Colleen Sugata[Viola], Michael Whitson[Viola], Jodi Burnett[Cello], Alisha Bauer[Cello], Vanessa Freebairn-Smith[Cello], Jennifer Kuhn[Cello], Alan Broadbent[Cello], Alan Broadbent[Violin, Electric 6-String], Alan Broadbent[Co-Arranger], Tommy LiPuma[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Producer], Al Schmitt[Mixer], Al Schmitt[Engineer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Cole Porter[Author], Cole Porter[Composer]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

アイム・コンフェッシン

+ −
0:03:24
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Anthony Garnier[Double Bass], Karriem Riggins[Drums], Marc Ribot[Guitar], Stuart Duncan[Fiddle], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Mixer], Al Schmitt[Engineer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Ellis Reynolds[Author], Ellis Reynolds[Composer], Al Neiburg[Composer], Al Neiburg[Author], Don Dougherty[Author], Don Dougherty[Composer]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ムーングロウ

+ −
0:05:15
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], Anthony Garnier[Double Bass], Karriem Riggins[Drums], Marc Ribot[Guitar], Stuart Duncan[Fiddle], Tommy LiPuma[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Producer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Edgar Delange[Composer], Edgar Delange[Author], Irving Mills[Author], Irving Mills[Composer], Will Hudson[Author], Will Hudson[Composer]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ブルー・スカイズ

+ −
0:04:39
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Vocals], Christian McBride[Double Bass], Russell Malone[Guitar], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Irving Berlin[Author], Irving Berlin[Composer]

#
8
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

スウェイ

+ −
0:06:13
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Vocals], John Clayton Jr.[Double Bass], Jeff Hamilton[Drums], Anthony Wilson[Guitar], Joel Derouin[Concert Harp], Charles Bisharat[Violin], Mario DeLeon[Violin], Kevin Connolly[Violin], Neel Hammond[Violin], Tamara Hatwan[Violin], Natalie Leggett[Violin], Songa Lee[Violin], Katia Popov[Violin], Michele Richards[Violin], Kathleen Sloan[Violin], Marcy Vaj[Violin], Ina Veli[Violin], John Wittenberg[Violin], Andrew Duckles[Viola], Kathryn Reddish[Viola], Colleen Sugata[Viola], Michael Whitson[Viola], Jodi Burnett[Cello], Alisha Bauer[Cello], Vanessa Freebairn-Smith[Cello], Jennifer Kuhn[Cello], Alan Broadbent[Co-Arranger], Alan Broadbent[Cello], Alan Broadbent[Violin, Electric 6-String], Tommy LiPuma[Producer], Chandler Harrod[Asst. Recording Engineer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Norman Gimbel[Composer], Rodrigues Pablo Rosas[Composer], Molina Luis Demetrio Traconis[Composer]

#
9
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

月とてもなく

+ −
0:04:06
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Piano], John Clayton Jr.[Double Bass], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Mixer], Al Schmitt[Engineer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Redd Evans[Author], Redd Evans[Composer], David Mann[Author], David Mann[Composer]

#
10
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ドリーム

+ −
0:04:05
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Vocals], Christian McBride[Double Bass], Russell Malone[Guitar], Joel Derouin[Concert Harp], Charles Bisharat[Violin], Mario DeLeon[Violin], Kevin Connolly[Violin], Neel Hammond[Violin], Tamara Hatwan[Violin], Natalie Leggett[Violin], Songa Lee[Violin], Katia Popov[Violin], Michele Richards[Violin], Kathleen Sloan[Violin], Marcy Vaj[Violin], Ina Veli[Violin], John Wittenberg[Violin], Andrew Duckles[Viola], Kathryn Reddish[Viola], Colleen Sugata[Viola], Michael Whitson[Viola], Jodi Burnett[Cello], Alisha Bauer[Cello], Vanessa Freebairn-Smith[Cello], Jennifer Kuhn[Cello], Alan Broadbent[Cello], Alan Broadbent[Violin, Electric 6-String], Alan Broadbent[Co-Arranger], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Mixer], Al Schmitt[Engineer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Johnny Mercer[Author], Johnny Mercer[Composer]

#
11
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

夢で逢いましょう

+ −
0:03:51
¥607
カートに追加

ダイアナ・クラール[MainArtist], Anthony Garnier[Double Bass], Karriem Riggins[Drums], Marc Ribot[Guitar], Stuart Duncan[Fiddle], Tommy LiPuma[Producer], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Producer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Gus Kahn[Composer], Gus Kahn[Author], Isham Jones[Composer], Isham Jones[Author]

1 ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Vocals], Christian McBride[Double Bass], Russell Malone[Guitar], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Mixer], Al Schmitt[Engineer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Jimmy van Heusen[Composer], Jimmy van Heusen[Author], Johnny Burke[Composer], Johnny Burke[Author]

2 ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Vocals], John Clayton Jr.[Double Bass], Jeff Hamilton[Drums], Anthony Wilson[Guitar], Stefon Harris[Vibraphone], Joel Derouin[Concert Harp], Charles Bisharat[Violin], Mario DeLeon[Violin], Kevin Connolly[Violin], Neel Hammond[Violin], Tamara Hatwan[Violin], Natalie Leggett[Violin], Songa Lee[Violin], Katia Popov[Violin], Michele Richards[Violin], Kathleen Sloan[Violin], Marcy Vaj[Violin], Ina Veli[Violin], John Wittenberg[Violin], Andrew Duckles[Viola], Kathryn Reddish[Viola], Colleen Sugata[Viola], Michael Whitson[Viola], Jodi Burnett[Cello], Alisha Bauer[Cello], Vanessa Freebairn-Smith[Cello], Jennifer Kuhn[Cello], Alan Broadbent[Cello], Alan Broadbent[Violin, Electric 6-String], Alan Broadbent[Co-Arranger], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Brian Montgomery[Asst. Recording Engineer], Jason Staniulis[Asst. Recording Engineer], Richard Rodgers[Author], Richard Rodgers[Composer], Lorenz Hart[Composer], Lorenz Hart[Author]

3 ダイアナ・クラール[MainArtist], John Clayton Jr.[Double Bass], Jeff Hamilton[Drums], Anthony Wilson[Guitar], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Bert Kaempfert[Author], Bert Kaempfert[Composer], Milton Gabler[Composer], Milton Gabler[Author]

4 ダイアナ・クラール[MainArtist], John Clayton Jr.[Double Bass], Jeff Hamilton[Drums], Anthony Wilson[Guitar], Joel Derouin[Concert Harp], Charles Bisharat[Violin], Mario DeLeon[Violin], Kevin Connolly[Violin], Neel Hammond[Violin], Tamara Hatwan[Violin], Natalie Leggett[Violin], Songa Lee[Violin], Katia Popov[Violin], Michele Richards[Violin], Kathleen Sloan[Violin], Marcy Vaj[Violin], Ina Veli[Violin], John Wittenberg[Violin], Andrew Duckles[Viola], Kathryn Reddish[Viola], Colleen Sugata[Viola], Michael Whitson[Viola], Jodi Burnett[Cello], Alisha Bauer[Cello], Vanessa Freebairn-Smith[Cello], Jennifer Kuhn[Cello], Alan Broadbent[Cello], Alan Broadbent[Violin, Electric 6-String], Alan Broadbent[Co-Arranger], Tommy LiPuma[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Producer], Al Schmitt[Mixer], Al Schmitt[Engineer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Cole Porter[Author], Cole Porter[Composer]

5 ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Anthony Garnier[Double Bass], Karriem Riggins[Drums], Marc Ribot[Guitar], Stuart Duncan[Fiddle], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Mixer], Al Schmitt[Engineer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Ellis Reynolds[Author], Ellis Reynolds[Composer], Al Neiburg[Composer], Al Neiburg[Author], Don Dougherty[Author], Don Dougherty[Composer]

6 ダイアナ・クラール[MainArtist], Anthony Garnier[Double Bass], Karriem Riggins[Drums], Marc Ribot[Guitar], Stuart Duncan[Fiddle], Tommy LiPuma[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Producer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Edgar Delange[Composer], Edgar Delange[Author], Irving Mills[Author], Irving Mills[Composer], Will Hudson[Author], Will Hudson[Composer]

7 ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Vocals], Christian McBride[Double Bass], Russell Malone[Guitar], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Irving Berlin[Author], Irving Berlin[Composer]

8 ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Vocals], John Clayton Jr.[Double Bass], Jeff Hamilton[Drums], Anthony Wilson[Guitar], Joel Derouin[Concert Harp], Charles Bisharat[Violin], Mario DeLeon[Violin], Kevin Connolly[Violin], Neel Hammond[Violin], Tamara Hatwan[Violin], Natalie Leggett[Violin], Songa Lee[Violin], Katia Popov[Violin], Michele Richards[Violin], Kathleen Sloan[Violin], Marcy Vaj[Violin], Ina Veli[Violin], John Wittenberg[Violin], Andrew Duckles[Viola], Kathryn Reddish[Viola], Colleen Sugata[Viola], Michael Whitson[Viola], Jodi Burnett[Cello], Alisha Bauer[Cello], Vanessa Freebairn-Smith[Cello], Jennifer Kuhn[Cello], Alan Broadbent[Co-Arranger], Alan Broadbent[Cello], Alan Broadbent[Violin, Electric 6-String], Tommy LiPuma[Producer], Chandler Harrod[Asst. Recording Engineer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Norman Gimbel[Composer], Rodrigues Pablo Rosas[Composer], Molina Luis Demetrio Traconis[Composer]

9 ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Piano], John Clayton Jr.[Double Bass], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Mixer], Al Schmitt[Engineer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Redd Evans[Author], Redd Evans[Composer], David Mann[Author], David Mann[Composer]

10 ダイアナ・クラール[MainArtist], Diana Krall[Producer], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Vocals], Christian McBride[Double Bass], Russell Malone[Guitar], Joel Derouin[Concert Harp], Charles Bisharat[Violin], Mario DeLeon[Violin], Kevin Connolly[Violin], Neel Hammond[Violin], Tamara Hatwan[Violin], Natalie Leggett[Violin], Songa Lee[Violin], Katia Popov[Violin], Michele Richards[Violin], Kathleen Sloan[Violin], Marcy Vaj[Violin], Ina Veli[Violin], John Wittenberg[Violin], Andrew Duckles[Viola], Kathryn Reddish[Viola], Colleen Sugata[Viola], Michael Whitson[Viola], Jodi Burnett[Cello], Alisha Bauer[Cello], Vanessa Freebairn-Smith[Cello], Jennifer Kuhn[Cello], Alan Broadbent[Cello], Alan Broadbent[Violin, Electric 6-String], Alan Broadbent[Co-Arranger], Tommy LiPuma[Producer], Al Schmitt[Mixer], Al Schmitt[Engineer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Johnny Mercer[Author], Johnny Mercer[Composer]

11 ダイアナ・クラール[MainArtist], Anthony Garnier[Double Bass], Karriem Riggins[Drums], Marc Ribot[Guitar], Stuart Duncan[Fiddle], Tommy LiPuma[Producer], Diana Krall[Vocals], Diana Krall[Co-Arranger], Diana Krall[Piano], Diana Krall[Producer], Al Schmitt[Engineer], Al Schmitt[Mixer], Steve Genewick[Co-Mixer], Shari Sutcliffe[Contracting With], Gus Kahn[Composer], Gus Kahn[Author], Isham Jones[Composer], Isham Jones[Author]

ダイアナを発掘し、アーティストとしてのキャリアをともに歩んできたトミー・リピューマがプロデュース。

トミー・リピューマはマイルス・デイヴィスやジョージ・ベンソン、そしてポール・マッカートニーのジャズ・アルバム『キス・オン・ザ・ボトム』のプロデュース、また90年代にはフュージョンやAORの名作を数多く手がけるなど幅広く活躍してきたジャズ界の重鎮。
デビュー前のダイアナの才能を見抜き、自身が運営したレーベルと契約。彼女の輝かしいキャリアを支え続けてきた巨匠プロデューサーが、今回約11年ぶりにジャズ・スタンダード・アルバムを制作するために8年ぶりにタッグを組むことになった。


<収録楽曲>
1: ライク・サムワン・イン・ラヴ / Like Someone In Love
1944年のアメリカ映画『ユーコンの女王』の挿入歌。主人公に思いを寄せる少女を演じたダイナ・ショアが劇中で歌い、翌年ビング・クロスビーがカヴァーし大ヒット。ジャズ・スタンダードとして様々なアーティストが名演を残していて、とくに有名なのは“ジャズ界のジェームス・ディーン”チェット・ベイカー(『チェット・ベイカー・シングス』収録)のヴァージョンと、ダイアナが所属するVerveの初期の大看板アーティスト“ファースト・レディ・オブ・ジャズ”エラ・フィッツジェラルドのヴァージョン(『ライク・サムワン・イン・ラヴ』収録)。

2: ロマンティックじゃない? / Isn't It Romantic?
1932年のフランスのマルセル・アシャール原作のミュージカル映画『ラヴ・ミー・トゥナイト』挿入歌。有名なリチャード・ロジャース作曲、ロレンツ・ハート作詞という黄金コンビによる大スタンダード(「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」など有名スタンダード連発コンビです)。
オードリー・ヘップバーン主演2作目『サブリナ』でも効果的に使用され、ビル・エヴァンス『ライヴ・アット・シェリーマン・ホール』の名演をはじめ、エラ・フィッツジェラルドが1956年から毎年1枚ずつリリースしていた人気企画“ソングブック・シリーズ”において、『ロジャース&ハート・ソングブック』で取り上げたヴァージョンがヴォーカルでは極め付きといわれています。

3: ラヴ / L-O-V-E
1930年代からジャズ・ピアニストとして活躍し、その後シンガーとして、ジャズ界のみならずポップスのフィールドでスターとなったナット・キング・コール1965年の大ヒット。
肺がんで亡くなる2か月前にレコーディングを行い、生前最後の楽曲となったこの曲は7か月以上にわたり全米シングル・チャートに入り続け、その後ザ・ビートルズに抜かれるまでチャート・イン最長記録を樹立。
ちなみにこのナット・キング・コールのヴァージョンは、日本語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、フランス語でも歌われ、各国でリリースされました。日本では2004年映画『スウィングガールズ』のエンディングで起用されたことも話題になりました。

4: ナイト・アンド・デイ / Night And Day
1932年のミュージカル『陽気な離婚』でフレッド・アステアが歌い、1934年に映画化された際に(邦題『コンチネンタル』)主題歌として取り上げられたヒット・ソング。
映画音楽やミュージカルの世界で活躍した名作曲家コール・ポーターの代表曲で、彼の自伝映画『夜も昼も』でも主題歌となりました。
ヴォーカルではエラ・フィッツジェラルドの“ソングブック・シリーズ”のヴァージョンや、フランク・シナトラの歌唱がとくに有名で、ボサ・ノヴァ界の大御所セルジオ・メンデスのヴァージョンも人気です。

5: アイム・コンフェッシン / I'm Confessin' (That I Love You)
1930年に当時の人気ジャズ・ピアニスト=ファッツ・ウォーラーが「ルッキン・フォー・アナザー・スウィーティ」というタイトルでリリースするもヒットせず、翌年タイトルを「アイム・コンフェッシン」に変え、歌詞をつけたヴォーカル曲としてルディ・バレーがリリースしたところヒットしたという人気スタンダード曲。
ペギー・リーやドリス・デイなど女性ヴォーカルの名歌唱が多いので有名です。

6: ムーングロウ / Moonglow
ミュージカル『ブラックバーズ・オブ1934』に向けて作曲家ウィル・ハドソンがビッグ・バンド・ジャズ界の大スターだったデューク・エリントンの楽曲「レイジー・ラプソディ」からインスパイアされて作曲。ウィル・ハドソン本人のビッグ・バンドで初演しましたが、同年“スウィング王”ベニー・グッドマンのヴァージョンが大ヒット。ベニー・グッドマンに初の全米チャート1位をもたらしました。
更に1953年ミュージカル『ピクニック』で使われリヴァイヴァル、さらに1955年に映画化もされアカデミー賞を受賞し大スタンダードとなりました。

7: ブルー・スカイズ / Blue Skies
最初はリチャード・ロジャース、ロレンツ・ハートの名コンビがミュージカル用に書き下ろした楽曲でしたが、1927年、世界初のトーキー(音声付映画)『ジャズ・シンガー』で、主演を務めた大エンターテイナー=アル・ジョンソンがこの曲を歌い大ヒットを記録。
1946年にはビング・クロスビー、フレッド・アステアによりこの楽曲をモチーフに同名映画も制作されるほどの人気を誇りました。
カウント・ベイシーやベニー・グッドマンのヴァージョンが全米Top10ヒットを記録したほか、ヴォーカルではエラ・フィッツジェラルドやダイナ・ワシントンのヴァージョンがとくに有名です。

8: スウェイ / Sway
1953年にメキシコの作曲家パブロ・ベルトラン・ルイスによって作曲され、トリオ・ロス・パンチョスが大ヒットさせた「キエン・セラ?」という楽曲を英訳したのがこの楽曲。ラテン音楽界の大スタンダードではありますが、1954年にディーン・マーティンがカヴァーしたこの「スウェイ」が全米シングル・チャート15位、全英シングル・チャート6位という大ヒットを記録し、ジャズ界でもスタンダード・ナンバーとして親しまれるようになりました。ちなみに英訳を手掛けたのはノーマン・ギンベルで、この人は「イパネマの娘」はじめ南米音楽の英訳で大成功した人物。日本でも1959年にザ・ピーナッツがカヴァーしたほど、世界的にカヴァー楽曲が存在する楽曲です。

9: 月とてもなく / No Moon At All
作曲家デイヴィッド・マンの代表曲で、4人組コーラス・グループ“エイムス・ブラザーズ”によりポップス・ヒットを記録。
ジュリー・ロンドンが代表作『彼女の名はジュリー』で取り上げたほか、ナット・キング・コールのヴァージョンなども有名。
ピアニストにも人気の曲で、奇才キース・ジャレット、そしてキースの流れをくみ現在最も人気の高いピアニスト=ブラッド・メルドーなどの有名ヴァージョンも存在します。

10: ドリーム / Dream
キャピトル・レコードの設立者で、副社長も務めた作曲家ジョニー・マーサーが1944年に作曲したスタンダードで、自身のラジオ番組のエンディング・テーマとして使用していました。
ジャズ・コーラス・グループ=パイド・パイパーズのヴァージョンは1945年3月から18週連続全米チャート1位を記録する大ヒットとなりました。シナトラの歌唱も有名ですが、その後映画『夢のひと時』やフレッド・アステア&レスリー・キャメロン主演映画『足ながおじさん』で使用されたことでリヴァイヴァル・ヒット。

11: 夢で逢いましょう / I'll See You In My Dreams
アイシャム・ジョーンズが作曲しガス・カーンが作詞、ジョーンズが自身のビッグ・バンドで発表し1925年に16週チャート・イン、7週連続1位の大ヒットを記録。1951年にはガス・カーンの伝記映画『夢で逢いましょう』で使用されました。ルイ・アームストロングやエラ・フィッツジェラルドのヴァージョンが愛聴され、ジャズのスタンダードとして親しまれています。

【ターン・アップ・ザ・クワイエット/ダイアナ・クラール/ハイレゾ】
関連アルバム