PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ソウル・ステーション

ハンク・モブレー >

Blue Note Records >

2017/11/29 >
(P) 1960 Blue Note Records
(C) 1960 Blue Note Records

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
DSF 2.8MHz/1bit
¥4,830
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

リメンバー

+ −
0:05:41
¥607
カートに追加

ハンク・モブレー[MainArtist], Alfred Lion[Producer], Rudy Van Gelder[Recording Engineer], Michael Cuscuna[Producer], Ron McMaster[Mastering Engineer], Irving Berlin[Composer], Irving Berlin[Author]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ジス・アイ・ディグ・オブ・ユー

+ −
0:06:25
¥607
カートに追加

ハンク・モブレー[MainArtist], Hank Mobley[Tenor Saxophone], Wynton Kelly[Piano], Paul Chambers[Bass], Art Blakey[Drums], Alfred Lion[Producer], Rudy Van Gelder[Recording Engineer], Ron McMaster[Mastering Engineer], Hank Mobley[Composer]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ディグ・ディス

+ −
0:06:09
¥607
カートに追加

ハンク・モブレー[MainArtist], Alfred Lion[Producer], Rudy Van Gelder[Recording Engineer], Michael Cuscuna[Producer], Ron McMaster[Mastering Engineer], Hank Mobley[Composer]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

スプリット・フィーリンズ

+ −
0:04:55
¥607
カートに追加

ハンク・モブレー[MainArtist], Alfred Lion[Producer], Rudy Van Gelder[Recording Engineer], Michael Cuscuna[Producer], Hank Mobley[Composer]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ソウル・ステーション

+ −
0:09:06
アルバム販売のみ
カートに追加

ハンク・モブレー[MainArtist], Alfred Lion[Producer], Rudy Van Gelder[Recording Engineer], Michael Cuscuna[Producer], Hank Mobley[Composer]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー

+ −
0:05:09
¥607
カートに追加

ハンク・モブレー[MainArtist], Alfred Lion[Producer], Rudy Van Gelder[Recording Engineer], Ralph Rainger[Composer], Leo Robin[Composer]

ブルーノートが誇るハード・バップ・ヒーローが、ウィントン・ケリー~アート・ブレイキーのトリオをバックに残したワン・ホーンの傑作。冒頭の5音で聴き手を虜にする<リメンバー>が魅力。寛いだ雰囲気の中で最高の演奏を聴かせる。



本作はハンク・モブレーのテナーの魅力を聴くアルバムです。
その“モブレー節”はじっくりと腰を落ち着けて丁寧に音を積み重ねる  実直な演奏をしています。モブレーのワンホーン・テナー+ウイントン・ケリー・ピアノトリオの編成で当時としては最高の組み合わせと言えます。
TR,1の「リメンバー」これが最高です。穏やかでゆったりしたムードが聴く人の心を温めてくれます。そして楽しげな覚えやすいメロディは大変魅力です。TR,2の「ジス・アイ・ディグ・オブ・ユー」アートブレイキーのドラムソロが聴けます.またウイントンのピアノが熱ぽく楽しげにスイングします。TR,3の「ディグ・ディス」はブルースです。モブレーのソロは音色が良く上品に聴こえます。全体的にはウイントンのピアノソロがメインとなっています。TR,4「スプリット・フィーリンズ」、ラテンビートと4ビートが交互に出て来ます。TR,5の「ソウルステーション」、自作でかつ得意とするファンキーなナンバーでピアノはウイントンお馴染みの“玉を転がす”様な演奏となっています。TR,6の「イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー」、哀調をおびた曲調が特徴です。

【ソウル・ステーション/ハンク・モブレー/ハイレゾ】
関連アルバム
一緒に購入されている楽曲