PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

パルティータ第6番 ホ短調 BWV 830

岡崎雅彦 >

2017/04/26 >

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥1,200
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥1,200
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

トッカータ

+ −
0:08:02
¥300
カートに追加

岡崎雅彦[MainArtist]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

アルマンド

+ −
0:02:04
¥300
カートに追加

岡崎雅彦[MainArtist]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

クーラント

+ −
0:07:42
¥300
カートに追加

岡崎雅彦[MainArtist]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

アリア

+ −
0:01:29
¥300
カートに追加

岡崎雅彦[MainArtist]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

サラバンド

+ −
0:03:53
¥300
カートに追加

岡崎雅彦[MainArtist]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ガボット

+ −
0:02:40
¥300
カートに追加

岡崎雅彦[MainArtist]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ジーグ

+ −
0:04:18
¥300
カートに追加

岡崎雅彦[MainArtist]

「パルティータ」という曲集は、恐らくチェンバロ用であり、現代ではピアノ演奏に適している。
その点で、後の「平均律クラヴィア曲集」と良く似ている。
しかし、「平均律」は、音楽の教科書であるのに対し、「パルティータ」は、アマチュアとはいえ、大人向けである。
これは、ヴァイオリンのための「パルティータ」が同時に作曲されている点からも明らかである。
高度の技法が要求され、曲の解釈も困難である。
BWV 830には、ヴァイオリン用のパルティータを鍵盤楽器用に編入したと思われる箇所が多い。
そのため、演奏はアマチュアレベルに抑えながらも、内容は、「平均律」には見られないカデンツァのような部分が多く、解釈が困難を極める。
特に、フィナーレに該当する「ジーグ」は、独創的である。

【パルティータ第6番 ホ短調 BWV 830/岡崎雅彦/ハイレゾ】
関連アルバム