PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

歴史的アーカイブで聴くハイレゾブラームス

Various Artists >

S2S >

2016/09/19 >
(P)Everest Records / Countdown Media GmbH
(C)S2S Inc.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥600
カートに追加
WAV 192kHz/24bit
¥600
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥600
カートに追加
flac 192kHz/24bit
¥600
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第3番 ヘ長調 作品90 第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ

+ −
0:10:19
¥150
カートに追加

ヒューストン交響楽団[アーティスト], レオポルド・ストコフスキー[指揮], Johannes Brahms[作曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第3番 ヘ長調 作品90 第2楽章 アンダンテ

+ −
0:10:54
¥150
カートに追加

ヒューストン交響楽団[アーティスト], レオポルド・ストコフスキー[指揮], Johannes Brahms[作曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第3番 ヘ長調 作品90 第3楽章 ポコ・アレグレット

+ −
0:06:23
¥150
カートに追加

ヒューストン交響楽団[アーティスト], レオポルド・ストコフスキー[指揮], Johannes Brahms[作曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第3番 ヘ長調 作品90 第4楽章 アレグロ

+ −
0:09:44
¥150
カートに追加

ヒューストン交響楽団[アーティスト], レオポルド・ストコフスキー[指揮], Johannes Brahms[作曲]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第4番 ホ短調 作品98 第1楽章 アレグロ・ノン・トロッポ

+ −
0:11:35
¥150
カートに追加

ピッツバーグ交響楽団[アーティスト], ウィリアム・スタインバーグ[指揮], Johannes Brahms[作曲]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第4番 ホ短調 作品98 第2楽章 アンダンテ・モデラート

+ −
0:11:48
¥150
カートに追加

ピッツバーグ交響楽団[アーティスト], ウィリアム・スタインバーグ[指揮], Johannes Brahms[作曲]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第4番 ホ短調 作品98 第3楽章 アレグロ・ジョコーソ

+ −
0:06:05
¥150
カートに追加

ピッツバーグ交響楽団[アーティスト], ウィリアム・スタインバーグ[指揮], Johannes Brahms[作曲]

#
8
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第4番 ホ短調 作品98 第4楽章 アレグロ・エネルジコ・エ・パッショナート

+ −
0:10:00
¥150
カートに追加

ピッツバーグ交響楽団[アーティスト], ウィリアム・スタインバーグ[指揮], Johannes Brahms[作曲]

実力派指揮者と名門オーケストラが奏でる情熱的なブラームス・ワールド

活動期間は長くないながら日本でも熱狂的な支持者を持ち、伝説のレーベルとしてカルトな人気を誇るアメリカのレコード・レーベル「Everest Records」の数あるライブラリーの中から、レオポルド・ストコフスキー&ウィリアム・スタインバーグ指揮によるブラームスの交響曲第3番と第4番をカップリングした作品が登場!

Everest Recordsは’58年にニューヨークにて設立されたクラシックをメインにリリースしていたレーベル。ステレオ創世記であった当時に「35mmの磁気テープ(映画で使われる35mmテープと同じ幅のテープ)を使用した自社開発の高性能録音機器にて制作した高音質のステレオ作品」を売りに話題を呼び、実際その高音質作品は多くのオーディオマニアを驚かせたという。また、マーラーの交響曲第5番・第9番の初のステレオ録音音源や、死の数日前に録音されたヴォーン・ウィリアムズの交響曲第9番、アーロン・コープランドの初指揮となる交響曲第3番等、クラシック界の貴重な音源のリリースや、20世紀初頭の音源の発掘も手掛けていた事から、歴史的資料を多く排出したという点においても大きな功績を残したレーベルとも言えるであろう。

交響曲第3番の指揮は、20世紀を代表する個性的な指揮者であり、”音の魔術師”とも呼ばれた鬼才レオポルド・ストコフスキー。演奏はストコフスキーが当時首席指揮者を務めていたオーケストラであり、アメリカの中でも最もメジャーな楽団のひとつであるヒューストン交響楽団。交響曲第4番が、第二次世界大戦に巻き込まれながらも各地で名指揮者として活躍したウィリアム・スタインバーグの指揮。演奏は彼が当時音楽監督として率いていたこちらもアメリカを代表するオケの一つであるピッツバーグ交響楽団。

避暑地ヴィースバーデンにて森の中を散歩しながらくつろいだ気分で書かれ、大きな旋律と内側で燃える情熱を思わせるような曲調が印象的な交響曲第3番、一分の隙も与えない完璧さと、古い様式と独創的なロマン性の両立が評価されている交響曲第4番。魔術師ストコフスキー、熟練職人スタインバーグの両指揮者により時には淡々と、時には情熱的に、鮮やかに表現された名演がたっぷりと堪能できる。両曲とも必聴の素晴らしい出来映えであるが、特に交響曲第4番(5~8曲目)、その中でも憂愁の旋律が印象的な第1楽章からぜひ聴いていただきたい。

古典への回帰から新たな独創的世界観を生み出した後期ブラームスの名曲群を、鬼才達の鮮やかな指揮によるアンサンブルでたっぷりと堪能できる聴きごたえたっぷりの作品!

※古いアーカイブになりますので、一部アナログマスターに起因するノイズが含まれております。あらかじめご了承下さい。

【歴史的アーカイブで聴くハイレゾブラームス/Various Artists/ハイレゾ】
関連アルバム