PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

エルガー:交響曲第3番/行進曲「威風堂々」第6番(ペイン補筆完成版)

札幌交響楽団 >, 尾高忠明 >

Signum Records >

2016/07/29 >
(P)S2S Inc.
(C)Signum Records

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 44.1kHz/24bit
¥1,500
カートに追加
flac 44.1kHz/24bit
¥1,500
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第3番 Op. 88 (ペイン補筆完成版):I. Allegro molto maestoso

+ −
0:16:11
¥300
カートに追加

札幌交響楽団[アーティスト], 尾高忠明[指揮], Edward Elgar[作曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第3番 Op. 88 (ペイン補筆完成版):II. Scherzo: Allegretto

+ −
0:09:48
¥300
カートに追加

札幌交響楽団[アーティスト], 尾高忠明[指揮], Edward Elgar[作曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第3番 Op. 88 (ペイン補筆完成版):III. Adagio solenne

+ −
0:15:05
¥300
カートに追加

札幌交響楽団[アーティスト], 尾高忠明[指揮], Edward Elgar[作曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

交響曲第3番 Op. 88 (ペイン補筆完成版):IV. Allegro

+ −
0:16:34
¥300
カートに追加

札幌交響楽団[アーティスト], 尾高忠明[指揮], Edward Elgar[作曲]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

行進曲「威風堂々」 Op. 39 - 第6番(ペイン補筆完成版)

+ −
0:08:41
¥300
カートに追加

札幌交響楽団[アーティスト], 尾高忠明[指揮], Edward Elgar[作曲]

尾高忠明&札幌交響楽団による、エルガーの幻の作品が収録されたアルバム!

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、2016年に創立55年を迎えた札幌交響楽団によるエルガーの名録音がハイレゾで登場!

札幌交響楽団は1961年に発足し、「札響」の愛称で親しまれている北海道唯一のプロ・オーケストラ。透明感のあるサウンドとパワフルな表現力で、日本のでも有数のオーケストラの一つとして評価され常に人気を集めている。国内外の作品を積極的に取り入れながら様々なプロジェクトを行い、年内の公演回数は道内で120回を超え、北海道から世界に発信する活動を展開している。当アルバムの指揮は、通算22年にわたり指揮者を務めてきた尾高忠明。(現在は名誉音楽監督に就任。)

「交響曲第3番」は、エドワード・エルガーが1932年より英国放送協会(BBC)により委託され作曲を開始するも、エルガーの死去に伴い未完に終わった作品である。エルガーが死去してから数十年後に、同じくBBCの依頼を受けたイギリスの作曲家アンソニー・ペインが残されたスケッチを元に補筆し、1997年に完成。尾高忠明&札幌交響楽団によって2004年にこの作品の日本初演を実現させた。三部形式やソナタ形式で書かれており、印象的なメロディとドラマチックな曲調で親しみやすい。

エルガーは生前に「威風堂々(行進曲)」を第1~5番を作曲しているが、「威風堂々(行進曲) 第6番」はエルガーの死によって未完となり1996年に草稿が発見された。2005~2006年にアンソニー・ペインによって補筆が行われ、2006年にイギリス・ロンドンで毎年夏に8週間に渡って開催される、世界最大のクラシック音楽コンサートシリーズ「BBC Proms(プロムス)」において初演された作品である。曲全体に漂う気高さや雄大さが、札響のオケの煌びやかなサウンドによって楽しめる。

尾高忠明&札幌交響楽団のエルガーの音楽に対する造詣の深さは日本のみならず世界屈指。エルガーの幻の作品ともいえる2曲の組み合わせを、名演奏にて味わえる贅沢な内容となっている。

エルガーが書き遺した作品を、魅力たっぷりの演奏で堪能できる貴重なアルバム!

【エルガー:交響曲第3番/行進曲「威風堂々」第6番(ペイン補筆完成版)/札幌交響楽団, 尾高忠明/ハイレゾ】
関連アルバム