PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

MY FUNNY VALENTINE THE CHET BAKER SONGBOOK

MATT DUSK >

Rambling Records >

2013/08/30 >
(P) 2012 Royal Crown Records Inc.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 44.1kHz/24bit
¥2,571
カートに追加
flac 44.1kHz/24bit
¥2,571
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

MY FUNNY VALENTINE (with Arturo Sandoval)

+ −
0:04:54
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Lorenz Hart[作詞], Richard Rogers[作詞], Lorenz Hart[作曲], Richard Rogers[作曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

TIME AFTER TIME (with Arturo Sandoval)

+ −
0:04:23
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Sammy Cahn[作詞], Jule Styne[作詞], Sammy Cahn[作曲], Jule Styne[作曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ANGEL EYES

+ −
0:03:52
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Matt Dennis[作詞], Tom Adair[作詞], Earl Brent[作詞], Matt Dennis[作曲], Tom Adair[作曲], Earl Brent[作曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

EMBRACEABLE YOU (with Emilie-Claire Barlow)

+ −
0:04:20
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], George Gershwin[作詞], Ira Gershwin[作詞], George Gershwin[作曲], Ira Gershwin[作曲]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

COME RAIN OR COME SHINE

+ −
0:04:11
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Johnny Mercer[作詞], Harold Arlen[作詞], Johnny Mercer[作曲], Harold Arlen[作曲]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

DEEP IN A DREAM

+ −
0:04:06
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Sammy Cahn[作詞], Jimmy Van Heusen[作詞], Sammy Cahn[作曲], Jimmy Van Heusen[作曲]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ALL THE WAY (with Edyta Gorniak)

+ −
0:03:57
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Jimmy Van Heusen[作詞], Eddie De Lange[作詞], Jimmy Van Heusen[作曲], Eddie De Lange[作曲]

#
8
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

THERE WILL NEVER BE ANOTHER YOU

+ −
0:03:20
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Harry Warren[作詞], Mack Gordon[作詞], Harry Warren[作曲], Mack Gordon[作曲]

#
9
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

THAT OLD FEELING

+ −
0:03:23
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Lew Brown[作詞], Sammy Fain[作詞], Lew Brown[作曲], Sammy Fain[作曲]

#
10
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

LET'S GET LOST (with Arturo Sandoval)

+ −
0:03:35
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Frank Loesser[作詞], Jimmy McHugh[作詞], Frank Loesser[作曲], Jimmy McHugh[作曲]

#
11
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

SOMEONE TO WATCH OVER ME (with Guido Basso)

+ −
0:04:24
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], George Gershwin[作詞], Ira Gershwin[作詞], George Gershwin[作曲], Ira Gershwin[作曲]

#
12
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

I FALL IN LOVE TOO EASILY (with Ryan Ahlwardt)

+ −
0:03:07
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Sammy Cahn[作詞], Jule Styne[作詞], Sammy Cahn[作曲], Jule Styne[作曲]

#
13
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

I GET ALONG WITHOUT YOU VERY WELL (with Sara Gazarek)

+ −
0:03:08
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Hoagy Carmichael[作詞], Hoagy Carmichael[作曲]

#
14
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

EVERYTHING HAPPENS TO ME

+ −
0:05:18
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Matt Dennis[作詞], Tom Adair[作詞], Matt Dennis[作曲], Tom Adair[作曲]

#
15
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

HOW DEEP IS THE OCEAN

+ −
0:05:21
¥309
カートに追加

MATT DUSK[Vocal], Irving Berlin[作詞], Irving Berlin[作曲]

1 MATT DUSK[Vocal], Lorenz Hart[作詞], Richard Rogers[作詞], Lorenz Hart[作曲], Richard Rogers[作曲]

2 MATT DUSK[Vocal], Sammy Cahn[作詞], Jule Styne[作詞], Sammy Cahn[作曲], Jule Styne[作曲]

3 MATT DUSK[Vocal], Matt Dennis[作詞], Tom Adair[作詞], Earl Brent[作詞], Matt Dennis[作曲], Tom Adair[作曲], Earl Brent[作曲]

4 MATT DUSK[Vocal], George Gershwin[作詞], Ira Gershwin[作詞], George Gershwin[作曲], Ira Gershwin[作曲]

5 MATT DUSK[Vocal], Johnny Mercer[作詞], Harold Arlen[作詞], Johnny Mercer[作曲], Harold Arlen[作曲]

6 MATT DUSK[Vocal], Sammy Cahn[作詞], Jimmy Van Heusen[作詞], Sammy Cahn[作曲], Jimmy Van Heusen[作曲]

7 MATT DUSK[Vocal], Jimmy Van Heusen[作詞], Eddie De Lange[作詞], Jimmy Van Heusen[作曲], Eddie De Lange[作曲]

8 MATT DUSK[Vocal], Harry Warren[作詞], Mack Gordon[作詞], Harry Warren[作曲], Mack Gordon[作曲]

9 MATT DUSK[Vocal], Lew Brown[作詞], Sammy Fain[作詞], Lew Brown[作曲], Sammy Fain[作曲]

10 MATT DUSK[Vocal], Frank Loesser[作詞], Jimmy McHugh[作詞], Frank Loesser[作曲], Jimmy McHugh[作曲]

11 MATT DUSK[Vocal], George Gershwin[作詞], Ira Gershwin[作詞], George Gershwin[作曲], Ira Gershwin[作曲]

12 MATT DUSK[Vocal], Sammy Cahn[作詞], Jule Styne[作詞], Sammy Cahn[作曲], Jule Styne[作曲]

13 MATT DUSK[Vocal], Hoagy Carmichael[作詞], Hoagy Carmichael[作曲]

14 MATT DUSK[Vocal], Matt Dennis[作詞], Tom Adair[作詞], Matt Dennis[作曲], Tom Adair[作曲]

15 MATT DUSK[Vocal], Irving Berlin[作詞], Irving Berlin[作曲]

第12回「東京JAZZ FESTIVAL」出演アーティスト!

チェット・ベイカーの没後25周年を迎える今年、現代最高峰の正統派ジャズ・ヴォーカリストとして名高いマット・ダスクが彼の憧れとも言うべきチェット・ベイカーに捧げる珠玉のソングブックをリリース。“My Funny Valentine”、“Come Rain or Come Shine”など、チェットの名演で知られるスタンダードの数々を正統派らしいオトナの色気漂う歌声で披露します。

また今作には、80名編成の大オーケストラをはじめ、トランぺッターのアルトゥーロ・サンドヴァルやグイド・バッソ、フィメール・シンガーのサラ・ガザレクやエミリー・クレア・バーロウら豪華ゲストも参加。マットの芳醇な歌声に華を添えます。

【マット・ダスク プロフィール】
カナダ・オンタリオ州トロント生まれのジャズ・ミュージシャン。小さい頃から歌手を目指し、7歳の時にトロントの音楽学校に入学。以後11年間通い続けた。当初はオペラやクラシック音楽を専攻するも、17歳の時に、トニー・ベネットやサラ・ヴォーンの曲を聴いて以来、ヴォーカリストとしてのスタイルを転向する。20歳のときにはカナダの新人コンテストで655人中トップに輝いたことも。一度は家業を継ぐ決心をするも音楽への夢を捨てきれず、再度、音楽学校へ入学。そこでオスカー・ピーターソンに指導を受け、ジャズやポピュラー音楽の歌唱法を学ぶ。同時に、在学中に4枚のCDをリリースするなど、音楽家としての才能を表し始めた。2004年11月、デビューアルバム、『Two Shots』をデッカ・レコードから発表。2006年に発表した『Back In Town』が世界的ヒットとなり、翌2007年に日本デビューを果たした。同名のシングルが日本のラジオチャート1位を記録し、JAZZアーティストとしては異例のヒット作に。2013年、4年ぶりとなるアルバム『MY FUNNY VALENTINE-THE CHET BAKER SONGBOOK-』を発表。

【MY FUNNY VALENTINE THE CHET BAKER SONGBOOK/MATT DUSK/ハイレゾ】
関連アルバム

 | 

 |   |