PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ベルリオーズ:幻想交響曲 作品 14 & リハーサル

シャルル・ミュンシュ >, 日本フィルハーモニー交響楽団 >

EXTON >

2016/10/07 >
(P)Octavia Records Inc.
(C)Octavia Records Inc.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥2,592
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥2,592
カートに追加
DSF 2.8MHz/1bit
¥2,592
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

幻想交響曲, 作品 14: 1. 夢,情熱

+ −
00:14:01
アルバム販売のみ
カートに追加

シャルル・ミュンシュ[アーティスト], 日本フィルハーモニー交響楽団[アーティスト], Hector Berlioz[作曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

幻想交響曲, 作品 14: 2. 舞踏会

+ −
00:06:33
アルバム販売のみ
カートに追加

シャルル・ミュンシュ[アーティスト], 日本フィルハーモニー交響楽団[アーティスト], Hector Berlioz[作曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

幻想交響曲, 作品 14: 3. 野の情景

+ −
00:14:18
アルバム販売のみ
カートに追加

シャルル・ミュンシュ[アーティスト], 日本フィルハーモニー交響楽団[アーティスト], Hector Berlioz[作曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

幻想交響曲, 作品 14: 4. 断頭台への行進

+ −
00:04:34
アルバム販売のみ
カートに追加

シャルル・ミュンシュ[アーティスト], 日本フィルハーモニー交響楽団[アーティスト], Hector Berlioz[作曲]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

幻想交響曲, 作品 14: 5. ワルプルギスの夜の夢

+ −
00:09:50
アルバム販売のみ
カートに追加

シャルル・ミュンシュ[アーティスト], 日本フィルハーモニー交響楽団[アーティスト], Hector Berlioz[作曲]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

リハーサル - ベルリオーズ&ラヴェル 幻想交響曲&ダフニスとクロエ第2組曲より

+ −
00:25:31
アルバム販売のみ
カートに追加

シャルル・ミュンシュ[アーティスト], 日本フィルハーモニー交響楽団[アーティスト], Hector Berlioz[作曲]

1962年冬、ミュンシュは日本フィルハーモニー交響楽団の招きに応じ来日。
当時名指揮者の単独来日はまだ珍しく、数回のコンサートはすべて大きな話題となりました。
この「幻想」はその掉尾を飾ったコンサートで、後半に行くにしたがいテンションを上げていき、稀にみる熱演を生んでいます。
またミュンシュのリハーサルは大変珍しいもので、音楽が高潮していく様子が手に取るように感得でき、最後は楽員への挨拶で結ばれる貴重なドキュメンタリ―です。
文化放送のラジオ番組「東急ゴールデンコンサート」の記録で、オーディオ評論家、故若林駿介秘蔵のテープからのCD化です。

1962年12月28日 東京文化会館にてライブ収録

【ご注意】CDパッケージ用のコメントを利用していることがあるため、一部内容が当てはまらない場合があります。あらかじめご了承ください。






今回のミュンシュ&日本フィルの1962年のアーカイブはこのコンサートを収録した故若林駿介氏の遺品の中に残されていました。
半世紀前の1/4インチ10号リールのオリジナル・マスターテープ群は全てステレオで収録されており、状態も悪くはないのですが、再生時には、さすがに経年劣化なのでしょうか、磁性体の粉落ち等は激しく、DSDへの転送の際、ハードの扱いとともに気を使いました。
しかし、そのテープから再生された音は、新鮮であり、見事なサウンドを現代の再生機にもたらしました。1962年の録音とは思えないほどのS/N比の良さや特に幻想交響曲などにおけるダイナミックレンジの広さも、当時のアナログ収録とは思えないほどの鮮やかさです。
また通常テープ自体の収録時間が38cm/sですと約30分なので2台のレコーダーで楽章の途中から追記されていたようです。
そこで今回のマスター作成時では、2つのテープにまたがって収録されてる部分があるものは状態の良い方を使用しています。
また、トピックとしてこのテープ群の中には、最終日12月28日のリハーサルも存在しているのが、今回新たに発見されました。





ミュンシュの肉声も含めたもので、コンサートとは別ミキシングで、そのマイク調整もかねているのですが、その様子が見事に収録されていて、当時の楽員に対するミュンシュの接し方等、すばらしい音楽ドキュメントとして記録されています。その中から幻想交響曲の一部と同日に演奏されたラヴェルのリハーサルをここに聞くことができます。

【ベルリオーズ:幻想交響曲 作品 14 & リハーサル/シャルル・ミュンシュ, 日本フィルハーモニー交響楽団/ハイレゾ】
関連アルバム