PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

N響海外公演ライブ(ポーランド) - オギンスキ/黛敏郎/矢代秋雄/外山雄三(NHK交響楽団/堤剛/岩城宏之)(1960)

NHK交響楽団 >, 岩城宏之 >

ナクソスジャパン >

2012/11/07 >

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥1,440
カートに追加
WAV 192kHz/24bit
¥1,440
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥1,440
カートに追加
flac 192kHz/24bit
¥1,440
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

M.K.オギンスキ:ポーランド共和国国歌 「ドンブロフスキのマズルカ」

+ −
0:00:38
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], M.K. オギンスキ[作曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

林広守:君が代 「貴方の平和な治世が永らえますよう」(管弦楽編)

+ −
0:01:15
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], 林広守[作曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

黛敏郎:曼荼羅交響曲 - I. Vajra-dhatu mandala: Tempo non equilibre

+ −
0:05:53
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], 黛敏郎[作曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

黛敏郎:曼荼羅交響曲 - II. Garbha-dhatu mandala: Extremement lent

+ −
0:12:00
アルバム販売のみ
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], 黛敏郎[作曲]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

矢代秋雄:チェロ協奏曲

+ −
0:20:28
アルバム販売のみ
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], 堤剛[チェロ], 矢代秋雄[作曲]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ボレスワフ・シャベルスキ:3つのソネット - No. 1. ―

+ −
0:06:28
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], B.シャベルスキ[作曲]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ボレスワフ・シャベルスキ:3つのソネット - No. 2. ―

+ −
0:03:35
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], B.シャベルスキ[作曲]

#
8
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ボレスワフ・シャベルスキ:3つのソネット - No. 3. ―

+ −
0:07:50
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], B.シャベルスキ[作曲]

#
9
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

間宮芳生:・(えんぶり) - オーケストラのための2つのタブロー - I. ―

+ −
0:08:47
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], 間宮芳生[作曲]

#
10
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

間宮芳生:・(えんぶり) - オーケストラのための2つのタブロー - II. ―

+ −
0:06:53
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], 間宮芳生[作曲]

#
11
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

外山雄三:五木の子守唄

+ −
0:06:29
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], 外山雄三[作曲]

#
12
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

外山雄三:管弦楽のための狂詩曲

+ −
0:06:55
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], 外山雄三[作曲]

#
13
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

黛敏郎:越後獅子

+ −
0:05:13
¥257
カートに追加

NHK交響楽団[演奏], 岩城宏之[指揮], 黛敏郎[作曲]

N響の記念すべきポーランド公演は、日本人作品を多数盛り込んだ超意欲的プログラム 本シリーズで既にリリースされ大きな反響のあった、海外演奏旅行のモスクワ公演、およびこちらのライブ録音に続く、ポーランド・ワルシャワでの公演のライブです。この公演では、ポーランド現代音楽界の重鎮、ボレスワフ・シャベルスキ(1896~1979)の一曲を除いて全て日本人の作品のみで構成されるというものでした。それに足るだけの優れた作品が日本にもあることを示したいという関係者の意欲と自信の表れでしょう。事実、ここで演奏されている作品は、現在もなお演奏され続けている、今や「古典」となった作品ばかりです。 外山雄三の「ラプソディ」がこの海外演奏旅行のために書かれたことは有名ですが、その海外公演で実際に演奏されたライブ録音が公式にリリースされるのは貴重です。吉田雅夫の絶妙なソロに続く、「八木節」でのエキサイトぶりはもの凄く、まさに演奏者の日本人としての血が騒いだのでしょう、聴いている我々も否応なく興奮の渦へと巻き込まれます。アンコールの黛敏郎の「越後獅子」は、「ラプソディ」と同じく、この海外演奏旅行のアンコール用に作曲された作品です。「ラプソディ」ほどの知名度はありませんが、オーケストラが気持ちよく鳴るノリのよい作品で、ここでも同じく演奏者のエキサイトぶりが聴きものとなっています。
(※録音が古いためお聴き苦しい箇所がございます。何卒ご了承下さい。)

◆Phile-web:「N響アーカイブシリーズ」 誕生の舞台裏に迫る! エンジニアインタビュー記事

【N響海外公演ライブ(ポーランド) - オギンスキ/黛敏郎/矢代秋雄/外山雄三(NHK交響楽団/堤剛/岩城宏之)(1960)/NHK交響楽団, 岩城宏之/ハイレゾ】
関連アルバム