PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Romanza - ロマンツァ - [Digital version]

吉田恭子 >

ナクソスジャパン >

2016/03/16 >
2016 Naxos Japan, Inc,
2016 Naxos Japan, Inc,

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥1,890
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥1,890
カートに追加
DSF 2.8MHz/1bit
¥1,890
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ラフマニノフ: パガニーニの主題による狂詩曲 第18変奏(クライスラー編)

+ −
0:03:03
¥270
カートに追加

セルゲイ・ラフマニノフ[作曲], フリッツ・クライスラー[編曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

シューマン: ミルテの花より「献呈」(アウアー編/吉村龍太補作)

+ −
0:02:31
¥270
カートに追加

ロベルト・シューマン[作曲], レオポルド・アウアー[編曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

コルンゴルト: 歌劇「死の都」Op.12 - ピエロの踊り歌

+ −
0:05:04
¥270
カートに追加

エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト[作曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

マスネ: タイスの瞑想曲

+ −
0:05:14
¥270
カートに追加

ジュール・マスネ[作曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ワックスマン: トリスタンとイゾルデ幻想曲

+ −
0:09:20
¥270
カートに追加

フランツ・ワックスマン[作曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ワーグナー: アルバムの綴り(ウィルヘルミ編)

+ −
0:04:45
¥270
カートに追加

リヒャルト・ワーグナー[作曲], アウグスト・ウィルヘルミ.[編曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ドビュッシー: 月の光

+ −
0:04:18
¥270
カートに追加

クロード・ドビュッシー[作曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

#
8
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

シューベルト: アヴェ・マリア(ウィルヘルミ編)

+ −
0:05:23
¥270
カートに追加

フランツ・シューベルト[作曲], アウグスト・ウィルヘルミ.[編曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

#
9
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

モンティ: チャールダッシュ

+ −
0:03:57
¥270
カートに追加

ヴィットーリオ・モンティ[作曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

#
10
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ショスタコーヴィチ: 映画「馬あぶ」 - ロマンス

+ −
0:03:06
¥270
カートに追加

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ[作曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

#
11
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ガルデル: タンゴ(ウィリアムズ編)

+ −
0:04:00
¥270
カートに追加

カルロス・ガルデル[作曲], ジョン・ウィリアムズ[編曲], 吉田恭子[ヴァイオリン], 白石光隆[ピアノ]

□■□ 12周年記念キャンペーン プライスオフ! □■□

当作品はプライスオフ対象作品です。
期間:2017年8月31日(木)まで

◆プライスオフ全タイトル⇒



~グァルネリ・デル・ジェスの芳醇な響きが奏でるロマン溢れる小品の数々~
日本を代表する名ヴァイオリニスト、吉田恭子の待望の新アルバム。彼女はこれまでにも、「祈り」や「ノスタルジア」など様々なコンセプトに基づいた珠玉のようなアルバムをリリースし、そのどれもが高く絶賛されていますが、今回のアルバムでは、これまでとは少し趣向を替え、彼女が敬愛する往年の名手たちの編曲を再現し、それを継承するということに主眼が置かれています。収録されている作品は、一見、どれもお馴染みの小品に見えますが、その曲ひとつひとつに、ウィルヘルミほか巨匠たちの息遣いが感じられるのことでしょう。そして、これらを慈しむかのような彼女の演奏からも、深い愛情と類い稀なる香気が立ち上ります。時代を越えて継承されていく音楽を体感してください。
古き佳き時代を知る江藤俊哉、アーロン・ロザンドに導かれた吉田恭子さんは、リサイタルであれコンチェルトであれ、あるいはサロンでの演奏であれ、音に「語り」や「物語」を添える。レオポルド・アウアーからエフレム・ジンバリストに。ジンバリストからロザンドヘ。そしてロザンドから恭子さんに。流儀ばかりでなく、ロマンの息吹も受け継がれた。
ワーグナーの「秘曲」に酔いしれる。タンゴやチャールダッシュに喝采を贈り、世紀転換期のウィーンで喝采を博したコルンゴルトの夢幻のワルツに涙する。名曲の大河、山脈を愛してやまない吉田恭子さんと、やはり広範な楽の音、楽譜に通じた白石光隆さんの交歓がここに。満喫したい。
(奥田佳道ライナーノートより)
■収録:2015年12月2、3日 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
■ヴァイオリニスト 吉田恭子 オフィシャルサイト
http://www.kyokoyoshida.com/

【Romanza - ロマンツァ - [Digital version]/吉田恭子/ハイレゾ】
関連アルバム