PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ベートーヴェン: 交響曲第5番「運命」/シューベルト: 交響曲第7番「未完成」

読売日本交響楽団 >, 近衛秀麿 >

ナクソスジャパン >

2015/08/08 >
2015 Naxos Japan, Inc.
2015 Naxos Japan, Inc.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 192kHz/24bit
¥1,620
カートに追加
flac 192kHz/24bit
¥1,620
カートに追加
DSF 2.8MHz/1bit
¥1,620
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ベートーヴェン: 交響曲第5番 ハ短調 Op.67「運命」 - 第1楽章 Allegro con brio

+ −
0:08:27
¥270
カートに追加

ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン[作曲], 読売日本交響楽団[オーケストラ], 近衛秀麿[指揮]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ベートーヴェン: 交響曲第5番 ハ短調 Op.67「運命」 - 第2楽章 Andante con moto

+ −
0:10:28
アルバム販売のみ
カートに追加

ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン[作曲], 読売日本交響楽団[オーケストラ], 近衛秀麿[指揮]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ベートーヴェン: 交響曲第5番 ハ短調 Op.67「運命」 - 第3楽章 Allegro

+ −
0:05:52
¥270
カートに追加

ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン[作曲], 読売日本交響楽団[オーケストラ], 近衛秀麿[指揮]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ベートーヴェン: 交響曲第5番 ハ短調 Op.67「運命」 - 第4楽章 Allegro

+ −
0:08:56
¥270
カートに追加

ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン[作曲], 読売日本交響楽団[オーケストラ], 近衛秀麿[指揮]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

シューベルト: 交響曲第7番 ロ短調 D.759「未完成」 - 第1楽章 Allegro moderato

+ −
0:11:38
アルバム販売のみ
カートに追加

フランツ・シューベルト[作曲], 読売日本交響楽団[オーケストラ], 近衛秀麿[指揮]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

シューベルト: 交響曲第7番 ロ短調 D.759「未完成」 - 第2楽章 Andante con moto

+ −
0:12:07
アルバム販売のみ
カートに追加

フランツ・シューベルト[作曲], 読売日本交響楽団[オーケストラ], 近衛秀麿[指揮]

~わが国の西洋音楽黎明期を駆け抜けた巨匠・近衛秀麿、晩年に遺した巨大な芸術の軌跡が、オリジナル・アナログマスター使用によるハイビット・リマスタリングで鮮明に甦る!~

2015年8月8日20時~放送のNHK BS-1スペシャル「戦火のマエストロ 近衛秀麿~ユダヤ人の命を救った音楽家」および同番組の原作本「戦火のマエストロ・近衛秀麿」菅野冬樹著(NHK出版)の8月12日発刊に合わせて緊急リリース。番組全体のテーマとして流れる「未完成」に「運命」をカップリングしたアルバムです。

この記述を読まれた方には、当時のワルシャワの惨状や会場に集まった聴衆の顔、そして指揮をする秀麿の苦悩に満ちた心境がお分かりいただけるのではないだろうか。時代と戦争に翻弄された、日本人マエストロ・近衛秀麿。自らが指揮台に立ちながら、演奏に感動した記述は、後にも先にもこれしかない。このCDに収録された「未完成交響曲」は、1968年に録音された晩年の秀麿の指揮であるが、秀麿の心には、25年前のワルシャワでの特別な思いが蘇っていたことだろう。この演奏をお聴きになられるリスナーの皆様には、是非、秀麿のワルシャワで受けた特別な体験を思い返していただきたい。
(菅野冬樹ライナーノートより)

〝2015年の夏。突然、指揮者・近衛秀麿が話題となった。NHKのBSで放送されたドキュメンタリーがきっかけだが、その番組中で第二次大戦中のドイツで指揮者として活躍していた日本人指揮者が、当時の日本の首相であった近衛文麿の異母弟であったこと、その身分を使って、何人ものユダヤ人音楽家の亡命を手助けしていたこと、中には日本にとどまった音楽家もいて戦後日本の音楽界の発展に多大な貢献をすることにつながった……など、興味深い内容が盛り込まれていた。とくに、ユダヤ人音楽家の亡命を手助けしていたという事実はこれまでほとんど知られていなかっただけに衝撃的だった。
 近衛秀麿といえば、戦前から日本のオーケストラ黎明期に深く関わった、いわば日本のオケを生み、育てた音楽家。その貢献度は計り知れなく大きいものの、その一方で特権階級の余技だとか、日本で初めてベルリン・フィルを指揮できたのもお金で買ったから……など、やっかみ半分の評価も少なくなかった。ならば戦後70年、近衛秀麿に光が当たった今、彼の音楽をじっくり聴き込むのは意味のあることではないだろうか。さいわい1960年代に演奏した録音が最新のデジタル・マスタリングで鮮明に甦っている。その音源を192kHz/24bitのハイレゾで聴く。いや、ぜひハイレゾで聴いてほしい。  「運命」と「未完成」。かつてはクラシックの定番カップリングだった。1968年に読響を振った杉並公会堂での録音だ。ちょっと昭和レトロな感覚に浸れるかも……。やや残響が少なく乾いた音ではあるものの、その分明瞭度が抜群で、これが60年代の録音? とビックリさせられる。「未完成」冒頭のコントラバスなど、あのピアニシモがクッキリと聴こえる録音って、じつは案外少ない。近衛の指揮はまさに巨匠芸。揺るぎないテンポ感、重厚に鳴る低弦、骨組みの太い表現。レトロだと言われてもいい。これはすばらしい演奏じゃないだろうか。創立してからわずか6年の読響が全力で弾いている。その熱気に拍手!”(text by 長谷川教通)提供:CDジャーナル

■録音:1968年2月21日 杉並公会堂
■マスタリング・エンジニア:藤田厚生

■当アルバム以外のシリーズ一覧
ベートーヴェン: 交響曲第6番「田園」/エグモント序曲
ドヴォルザーク: 交響曲第9番「新世界より」/スメタナ: 交響詩「モルダウ」
ベートーヴェン: 交響曲第9番「合唱付き」

【ベートーヴェン: 交響曲第5番「運命」/シューベルト: 交響曲第7番「未完成」/読売日本交響楽団, 近衛秀麿/ハイレゾ】
関連アルバム