PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください
アルバム購入特典について

ショスタコーヴィチ: 交響曲 第4番 ハ短調 Op.43

ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団 >, ヴァシリー・ペトレンコ >

ナクソスジャパン >

2014/10/22 >
(P)2013 Naxos Rights International Ltd.
(C)2013 Naxos Rights International Ltd.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥1,440
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥1,440
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ショスタコーヴィチ: 交響曲第4番 ハ短調 Op.43 - I. Allegretto poco moderato - Presto

+ −
0:27:20
アルバム販売のみ
カートに追加

ショスタコーヴィチ[作曲], ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団[演奏], ヴァシリー・ペトレンコ[指揮]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ショスタコーヴィチ: 交響曲第4番 ハ短調 Op.43 - II. Moderato con moto

+ −
0:09:25
¥257
カートに追加

ショスタコーヴィチ[作曲], ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団[演奏], ヴァシリー・ペトレンコ[指揮]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ショスタコーヴィチ: 交響曲第4番 ハ短調 Op.43 - III. Largo - Allegro

+ −
0:28:14
アルバム販売のみ
カートに追加

ショスタコーヴィチ[作曲], ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団[演奏], ヴァシリー・ペトレンコ[指揮]

30歳目前のショスタコーヴィチ(1906-1975)が、その才能を結集して作り上げたこの第4番の交響曲。彼にしては珍しく構想から完成に至るまで8か月を要し、漸く初演が決まり最終リハーサルにこぎつけるも、様々な理由(マクベス夫人と「明るい小川」がプラウダで批判されたことが最大の理由と言われる)で初演を撤回。その後は1961年までお蔵入りになってしまったという問題作です。本人は失敗作と評していましたが、晩年になってそれを覆すような発言もあり、実際のところは、しょショスタコーヴィチのお気に入りであったことは確かでしょう。全曲は3楽章で構成されていますが、第1楽章だけで27分を超え、微かにカッコウの鳴き声らしきものが聞こえてきたりと、明らかにマーラーやブルックナーの影響もみられます。壮大で厳格なスケルツォ、様々なメロディのコラージュが現れる終楽章、と聴きどころ満載ですが、細部に捉われてしまうとこの作品の全容を知ることは不可能です。最近ますます注目されているペトレンコによる「全ての批判をはね返す」かのような強靭な演奏です。

●レビュー
Audiophilia, October 2013
"The recorded sound is superb and the orchestra are on top form throughout with transparent textures even in the most explosive moments."

●録音
Recorded at Liverpool Philharmonic Hall, England, on 9th and 10th February, 2013
Producer and editor: Andrew Walton (K&A Productions Ltd.)
Engineer: Mike Clements

【ショスタコーヴィチ: 交響曲 第4番 ハ短調 Op.43/ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団, ヴァシリー・ペトレンコ/ハイレゾ】
関連アルバム

 | 

 |   |