PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Blue Velvet One (High Resolution Version)

鈴木輪 >

亀吉レコード >

2013/10/01 >

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 192kHz/24bit
¥2,263
カートに追加
flac 192kHz/24bit
¥2,263
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Moonlight in Vermont

+ −
0:04:30
¥360
カートに追加

鈴木輪[Vocal], 佐津間純[Guitar], 後藤輝夫[Sax / Percussion], Karl Suessdorf[作詞], John M Blackburn[作曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Autumn in New York

+ −
0:05:20
¥360
カートに追加

鈴木輪[Vocal], 佐津間純[Guitar], 後藤輝夫[Sax / Percussion], Vernon Duke[作詞], Vernon Duke[作曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Dat dere

+ −
0:04:22
¥360
カートに追加

鈴木輪[Vocal], 佐津間純[Guitar], 後藤輝夫[Sax / Percussion], 土田晴信[Organ], Oscar Brown, Jr.[作詞], Bobby Timmons[作曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Tennessee Waltz

+ −
0:04:25
¥360
カートに追加

鈴木輪[Vocal], 佐津間純[Guitar], 後藤輝夫[Sax / Percussion], 上田隆志[Bass], 土田晴信[Organ], Pee wee king[作詞], d stewart[作詞], Pee wee king[作曲], d stewart[作曲]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

It might as well be spring

+ −
0:04:07
¥360
カートに追加

鈴木輪[Vocal], 佐津間純[Guitar], 後藤輝夫[Sax / Percussion], 上田隆志[Bass], 土田晴信[Organ], Oscar Hammerstein II[作詞], Richard Rodgers[作曲]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Blue Velvet

+ −
0:04:52
¥360
カートに追加

鈴木輪[Vocal], 佐津間純[Guitar], 後藤輝夫[Sax / Percussion], 土田晴信[Organ], B.Wayne[作詞], L.Morris[作詞], B.Wayne[作曲], L.Morris[作曲]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

A man and a woman

+ −
0:03:57
¥360
カートに追加

鈴木輪[Vocal], 佐津間純[Guitar], 後藤輝夫[Sax / Percussion], 上田隆志[Bass], 土田晴信[Organ], 不明[作詞], Francis Lai[作曲]

【アルバム紹介】
オーディオファンにも好評であったアルバム『My Reverie』から2年余りを経て、その続編ともいえるアルバム『Blue Velvet』が完成。
ハイクオリティーを追求するジャズ系のレーベル亀吉レコードより待望のリリース。
まずはハイレゾ用にミックスされた『Blue Velvet ONE』をお届けします。*追って『Blue Velvet TWO』もリリース。
『Blue Velvet』は亀吉レコードよりハイレゾ配信中の『But beautiful』by 後藤輝夫・佐津間純と同時(2012年2月~)に録音を開始。(192khz/24bitで収録。)
時間をかけじっくりと取り組んだお薦めのアルバムです。

【内容紹介】
今回のアルバムでも、スタンダードナンバーとよばれるAmerican Song Book中心のナンバーが多く選曲される。
鈴木の伸びやかなヴォーカルがときに軽快に、ときにしっとりとした情感をたたえて流れてくる。
本作の特徴をあげるとすれば、オルガンの入った曲が何曲かあるが、前作同様サックスとギター中心のサウンド。
メロウな後藤のサックス。控え目ながら個性あふれるフレーズの佐津間のギターがヴォーカルを引き立たせている。
女性ヴォーカルに色気は欠かせない。といっても、セクシーさを前面に出されては興がさめる。
鈴木の唄には随所に、そこはかとない色香がただよう。それがいい。
筆者の場合は、ヘレン・オコンネルやキティ・カレンが出発点であった。
彼女らに共通の素直でストレートな歌唱、そして生来の声の魅力をあわせ持つ歌手は、なかなか見当たらない。
本アルバムで聴く鈴木輪は、彼女らの系譜を受け継ぐ歌手であると確かに思う。(ライナーノーツより)

【録音】 2012年2月~2013年8月
【レコーディングメンバー】
 佐津間純(guitar)
 後藤輝夫(sax/per)
 上田隆志(bass)3,4,5,7
 *ゲスト土田晴信(org)3,4,5,6,7
【レコーディングスタジオ】亀吉音楽堂
【レコーディングエンジニア】 上田隆志
【プロデュース】 鈴木輪

【Blue Velvet One (High Resolution Version)/鈴木輪/ハイレゾ】