PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

銀河鉄道の夜~Acoustic Live Version

はたけやま裕 >

HD Impression >

2018/10/03 >
(P)2018 HD Impression LLC
(c)2018 HD Impression LLC

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥2,500
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥2,500
カートに追加
DSF 5.6MHz/1bit
¥3,000
カートに追加
5.1ch WAV 96kHz/24bit
¥3,000
カートに追加
5.1ch flac 96kHz/24bit
¥3,000
カートに追加
5.1ch Dolby HD 96kHz/24bit
¥3,000
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

あの遠い夏の日

+ −
0:06:10
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], はたけやま裕[作曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Crossroad

+ −
0:06:50
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], はたけやま裕[作曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Left Alone

+ −
0:04:47
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], Mal Waldron[作曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

銀河鉄道の夜~銀河ステーション/ジョバンニとカムパネルラ~

+ −
0:03:45
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], はたけやま裕[作曲]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

銀河鉄道の夜~プリオシン海岸/大学士~

+ −
0:03:31
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], はたけやま裕[作曲]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

銀河鉄道の夜~星めぐり~

+ −
0:03:31
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], 宮沢賢治[作曲]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

銀河鉄道の夜~ジョバンニの切符/車掌~

+ −
0:01:01
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], はたけやま裕[作曲]

#
8
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

銀河鉄道の夜~ジョバンニの切符/鳥捕り~

+ −
0:05:03
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], はたけやま裕[作曲]

#
9
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

銀河鉄道の夜~石炭袋/プレシオスの鎖~

+ −
0:02:23
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], はたけやま裕[作曲]

#
10
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

虔十公園林~雨の中、林の番~

+ −
0:04:20
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], はたけやま裕[作曲]

#
11
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

虔十公園林~子供らの行進 本当のさいはい~

+ −
0:02:30
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], はたけやま裕[作曲]

#
12
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Afro Blue

+ −
0:06:10
¥500
カートに追加

はたけやま裕[アーティスト], Mongo Santamaria[作曲]

パーカッション・アーティストはたけやま裕、待望の新作である。「ハナミズキの願い」以来であるから4年も経つ。この間、はたけやまは、加藤登紀子や桑田佳祐らスターの演奏メンバーに加わったり、新たなプロジェクトを立ち上げたりと、多彩な活動を続けていた。それだけに「今のはたけやまの記録を残して!」というファンの渇望感はいや増していた。一方、はたけやま本人は「ハナミズキの願い」にも収録した「よだかの星」の作者・宮沢賢治の作品と音楽とのコラボレーションを進めており、それを形にすることを望んでいた。
 2018年9月の「銀座YAMAHAホール」コンサートにおいて宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を大きなテーマにすることを決め、新曲を制作。これを“組曲”として残すことに決定したのが本作の経緯である。
    ■
 しかし、普通のスタジオ録音では、今一つ挑戦的なはたけやま的ではない。「最小限の編成で、空間に響くパーカッションの生の音を新鮮なまま記録したい」と、高音質ハイレゾリューションで録音。しかも、聴衆を入れたライブ録音で「お客さんと音楽を共に生み出す緊張感」も記録しようとした。場所は、東京・成城学園近くの小ホール「サローネ・フォンタナ」である。メロディアスなはたけやま作品ゆえ、最小限と言っても、ピアノとのデュオを選択。ピアニストは近年共演の多いKeikoに頼んだ。
    ■
 収録曲は、賢治作品にインスパイアされた“組曲”が中心。独立した作品として聴いても、楽しさと美しさと力強さに満ち溢れているが、はたけやま本人の賢治に関するコメントや原作を参考にしながら聴いていくと、想像の中で映像が広がるようなファンタジー感に包まれる。文頭で、パーカッション・アーティストと紹介したのは、ここが理由である。演奏だけでなく、プロデュース、作曲、コンセプト作り、映像などとの共演など、総合的な芸術構築力は、本作でさらに進化したと言える。
 「レフトアローン」「アフロブルー」は「ケイオティック・プラネット」収録曲の再演。「クロスロード」「あの遠い夏の日」は新作である。
    ■
 疲れ果てた現代日本に、賢治のメッセージは最も必要なビタミンのようなものではないか。はたけやまの願いがそこに重なる。【毎日新聞社学芸部・川崎浩】

◆サラウンド音源をヘッドフォンリスニングに最適化された「HPL」バージョンも配信中。


【銀河鉄道の夜~Acoustic Live Version/はたけやま裕/ハイレゾ】