PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

【HPL5】 Vibra-canto BLUE

服部 恵 >

HD Impression >

2016/12/30 >
(P)2015 HD Impression LLC
(C)2015 HD Impression LLC

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥2,500
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥2,500
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Texas Hoedown

+ −
0:07:07
¥600
カートに追加

服部 恵[アーティスト], David Friedman[作曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Blues for Gilbert

+ −
0:05:29
¥600
カートに追加

服部 恵[アーティスト], Mark Glentworth[作曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Suite For Lute In G Minor

+ −
0:03:00
¥600
カートに追加

服部 恵[アーティスト], J.S.Bach[作曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Over The Rainbow

+ −
0:04:35
¥600
カートに追加

服部 恵[アーティスト], Max Seide[訳詞], Harold Arlen[作曲]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

あららせうせう

+ −
0:07:58
¥600
カートに追加

服部 恵[アーティスト], 坂野嘉彦[作曲]

Vibraphoneという楽器を知ってもらいたい、楽しんでいただきたい、そんな想いで音として残すことにしました。
出版されているVib. soloの楽譜は、数が増えてきたもののマリンバの曲に比べたらまだまだ少ないです。楽譜を表現するということで、jazz vib.ではなくclassic vib.というカテゴリーにいたしました。
1枚目は『Vibra-canto BLUE』。シリーズ化して、今出版されている曲をできるだけ多く音として残していく予定です♫まずは、5曲。いずれもイタリアのコンクールで関わった曲。1.3は、課題にあった曲。4はコンクールで出会った曲。2は、やはり人気のあった曲。5は、コンクールを受ける為に私が坂野嘉彦氏に委嘱をした曲。(楽譜を手に取っていただけたら、その曲の意味、想いがさらに伝わるはず♫)
今回は、楽器を提供していただいた4社(Saito,Deagan,Musser,Majestic)の楽器で録音させていただきました。メーカーの音色の違いも楽しんでいただけましたら幸いです。
どうぞお楽しみください。

◆今作はサラウンド5.0ch音源をマスターとした「HPL5」音源となります。
「HPL」は株式会社アコースティックフィールドが有するエンコード技術です。

「HPL」は、ヘッドフォン&イヤホンでの音楽リスニング用に最適化された音源を作るための技術です。ヘッドフォン・リスニングによる定位の崩れを改善し、本来のミックス・バランスに近い定位で音楽をお楽しみいただけます。

詳しくは「HPL」紹介ページをご覧ください。
http://www.acousticfield.jp

【【HPL5】 Vibra-canto BLUE/服部 恵/ハイレゾ】