PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ベートーヴェン:七重奏曲 変ホ長調 Op.20

Members of the Fine Arts Quartet & the New York Woodwind Quintet >

S2S >

2017/03/04 >
(P)Countdown Media GmbH
(C)S2S Inc.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥1,500
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥1,500
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Septet for Strings and Winds, Op.20: I. Adagio - Allegro con brio

+ −
0:08:16
¥300
カートに追加

Fine Arts Quartet[アーティスト], Ludwig van Beethoven[作曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Septet for Strings and Winds, Op.20: II. Adagio cantabile

+ −
0:09:50
¥300
カートに追加

Fine Arts Quartet[アーティスト], Ludwig van Beethoven[作曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Septet for Strings and Winds, Op.20: III. Tempo di menuetto

+ −
0:03:33
¥300
カートに追加

Fine Arts Quartet[アーティスト], Ludwig van Beethoven[作曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Septet for Strings and Winds, Op.20: IV. Tema con variazioni. Andante

+ −
0:07:56
¥300
カートに追加

Fine Arts Quartet[アーティスト], Ludwig van Beethoven[作曲]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Septet for Strings and Winds, Op.20: V. Scherzo. Allegro molto e vivace

+ −
0:03:07
¥300
カートに追加

Fine Arts Quartet[アーティスト], Ludwig van Beethoven[作曲]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

Septet for Strings and Winds, Op.20: VI. Andante con molto alla marcia - Presto

+ −
0:06:25
¥300
カートに追加

Fine Arts Quartet[アーティスト], Ludwig van Beethoven[作曲]

ベートーヴェンの大人気作品、『七重奏・Op.20』がファイン・アーツ・カルテットの見事な演奏で登場

活動期間は長くはないながら日本でも熱狂的な支持者を持ち、伝説のレーベルとしてカルトな人気を誇るアメリカのレコード・レーベル「Everest Records」 の数あるライブラリーの中から、結成70年のキャリアを誇る弦楽グループであるファイン・アーツ・カルテットと管楽器によるベートーヴェンの『七重奏・Op.20』が、オリジナル・マスターよりハイレゾで復刻。

ファイン・アーツ・カルテットは’46年にシカゴ交響楽団のメンバーであった第1ヴァイオリンのレナード・ソーキン、チェロのジョージ・ソプキンが中心になって結成され、現在も活躍中の弦楽グループ。古典から近現代の楽曲までという幅広いレパートリーと、時代によりメンバーが変わっても普遍的な独自のサウンド・テイストと確かなテクニックで各時代ともに高い評価を得続けている楽団である。本作は’60年の録音であるが、ヴィオラがアービング・イルマーで上記のレナード、ジョージとともに、まさにいぶし銀の演奏を繰り広げている。

ベートーヴェンの『七重奏・Op.20』と言えば、最も成功した作品として今日まで日本も含め愛され続けているが、初演されたのが1800年で皇后陛下マリア・テレジアに献上されたことでも有名。時代を超えて世界中の人々を魅了してやまない傑作。ベートーヴェンと言えば日本では荘厳な楽曲をイメージする人々も少なくないが、ベートーヴェンは優雅で躍動感溢れる楽曲も得意とし、それが顕著に表れているのが本作、『七重奏・Op.20』と言えるであろう。今、本作を改めて聴くと、メロディックで優雅な歌心が気品を伴って同化されていることに気づかされ、管弦楽のバランスも巧みで、楽聖の名にふさわしい本当に見事な音楽であることを感じ入る。

オススメはまず1曲目の「Adagio-Allegro con brio」。同曲におけるファイン・アーツ・カルテットの演奏は余りにも見事で、管楽器とのバランスも良く、本作の全曲を聴くことができる安心をリスナーに提供する。次いで、6曲目の「Andante con molto alla marcia -Presto」。本作の最終章であるが、ファイン・アーツ・カルテットを中心とした見事な演奏により、大きな至福感に満たされる。

ベートーヴェンの世界とファイン・アーツ・カルテットの素晴らしい演奏に心ゆくまで浸れる最高の1枚!

The Fine Arts Quartet
Leonard Sorkin (violin)
Irving Ilmer (viola)
George Sopkin (cello)

Under license of Countdown Media GmbH

※古いアーカイブになりますので、一部アナログマスターに起因するノイズが含まれております。あらかじめご了承下さい。

【ベートーヴェン:七重奏曲 変ホ長調 Op.20/Members of the Fine Arts Quartet & the New York Woodwind Quintet/ハイレゾ】
関連アルバム