PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

シューベルト:弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 「死と乙女」

Fine Arts Quartet >

S2S >

2017/03/04 >
(P)Countdown Media GmbH
(C)S2S Inc.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥1,500
カートに追加
WAV 192kHz/24bit
¥1,500
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥1,500
カートに追加
flac 192kHz/24bit
¥1,500
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

String Quartet No. 14 in D Minor, D. 810 "Death And The Maiden": I. Allegro

+ −
0:11:53
アルバム販売のみ
カートに追加

Fine Arts Quartet[アーティスト], Franz Schubert[作曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

String Quartet No. 14 in D Minor, D. 810 "Death And The Maiden": II. Andante con moto

+ −
0:14:58
アルバム販売のみ
カートに追加

Fine Arts Quartet[アーティスト], Franz Schubert[作曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

String Quartet No. 14 in D Minor, D. 810 "Death And The Maiden": III. Scherzo. Allegro - Trio

+ −
0:03:47
¥400
カートに追加

Fine Arts Quartet[アーティスト], Franz Schubert[作曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

String Quartet No. 14 in D Minor, D. 810 "Death And The Maiden": IV. Presto - Prestissimo

+ −
0:08:44
¥400
カートに追加

Fine Arts Quartet[アーティスト], Franz Schubert[作曲]

「歌曲の王」シューベルトが「死と乙女」を引用した有名弦楽四重奏曲

活動期間は長くないながら、日本でも熱狂的な支持者を持ち、伝統のレーベルとしてカルト的な人気を誇るアメリカのレコード・レーベル「Everest Records」の数あるライブラリーの中から、結成70年のキャリアを誇る弦楽グループ、ファイン・アーツ・カルテットが奏で、1960年に録音された弦楽四重奏曲の「死と乙女」がいまここにハイレゾで蘇える!

1946年、シカゴ交響楽団のメンバーであった第1ヴァイオリンのレナード・ソーキン、チェロのジョージ・ソプキンを中心に結成されたファイン・アーツ・カルテット。現在までに200以上の録音作品をリリースしており、ベートーヴェン、ハイドン、メンデルスゾーンなどのクラシック音楽からコンテンポラリー音楽まで幅広いレパートリーに定評がある。
70年に及ぶ歴史の中、メンバーはもちろん入れ替わりを経ているが、本アルバムでは先に述べた創始期のメンバーであるソーキン、ソプキンと、第2ヴァイオリンは1954年から1979年まで所属したエイブラム・ロフト、ヴィオラは1952年から1963年まで所属したアーヴィング・イルマーが演奏している。

1828年、わずか31歳でこの世を去ったフランツ・シューベルトが、1826年1月に作り上げた「弦楽四重奏曲第14番」。正式に発表されたのは、シューベルトの死から2年半後の1831年8月だった。この作品を書き始めたと言われている1824年の前年は、体調不良に苦しみ、その影響からか4楽章全てが短調で書かれ、シューベルトの悲しげなムードが顕著に現れている。第2楽章は自身が作曲した有名歌曲「死と乙女」を引用しており、この章も「死と乙女」と呼ばれている。50年以上も前に録音された作品を、これだけのハイクオリティで聴けることには驚きとともに思わず感謝したくなるほどだ。音質のみならず、メンバーの深みがあり感情豊かな演奏が、シューベルトが落胆していた時期のこの曲を叙情的に描き出す。

シューベルトは常々、最終楽章の作曲に苦手意識を抱いていたという。しかしこの曲の最終楽章である「第4楽章」は、自身が好んだ拍子の8分の6拍子を取り入れたことが功を奏し、ドラマティックなメロディが随所に盛り込まれているオススメ曲だ。パワフルなシンコペーションが効いている「第3楽章」も聴きごたえあり。

最も有名な歌曲からの「死の乙女」を含む、シューベルトの弦楽四重奏曲の最高傑作を味わえる1枚!

Under license of Countdown Media GmbH

※古いアーカイブになりますので、一部アナログマスターに起因するノイズが含まれております。あらかじめご了承下さい。

【シューベルト:弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 「死と乙女」/Fine Arts Quartet/ハイレゾ】
関連アルバム
一緒に購入されている楽曲