PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

アビイ・ロード・ソナタ (24bit/96kHz)

1966カルテット >

DENON >

2014/06/18 >
(P)2014 Nippon Columbia Co., Ltd.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 96kHz/24bit
¥3,000
カートに追加
flac 96kHz/24bit
¥3,000
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

アビイ・ロード・ソナタ 第1楽章(24bit/96kHz)

+ −
0:03:33
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], リチャード・スターキー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], リチャード・スターキー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

アビイ・ロード・ソナタ 第2楽章(24bit/96kHz)

+ −
0:04:23
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ジョージ・ハリスン[作詞], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョージ・ハリスン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

アビイ・ロード・ソナタ 第3楽章(24bit/96kHz)

+ −
0:04:41
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

アビイ・ロード・ソナタ 第4楽章(24bit/96kHz)

+ −
0:06:48
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

イエスタデイ(24bit/96kHz)

+ −
0:03:13
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ハード・デイズ・ナイト(24bit/96kHz)

+ −
0:01:35
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

オール・マイ・ラヴィング(24bit/96kHz)

+ −
0:02:06
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

#
8
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

プリーズ・プリーズ・ミー(24bit/96kHz)

+ −
0:02:52
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 藤満 健[編曲]

#
9
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ペニー・レイン(24bit/96kHz)

+ −
0:03:02
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 藤満 健[編曲]

#
10
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

レディ・マドンナ(24bit/96kHz)

+ −
0:02:23
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

#
11
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

アクロス・ザ・ユニバース(24bit/96kHz)

+ −
0:04:44
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 藤満 健[編曲]

#
12
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(24bit/96kHz)

+ −
0:04:17
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

#
13
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ヘイ・ジュード(24bit/96kHz)

+ −
0:04:57
¥400
カートに追加

1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 藤満 健[編曲]

1 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], リチャード・スターキー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], リチャード・スターキー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

2 1966カルテット[演奏], ジョージ・ハリスン[作詞], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョージ・ハリスン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

3 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

4 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

5 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

6 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

7 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

8 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 藤満 健[編曲]

9 1966カルテット[演奏], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 藤満 健[編曲]

10 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

11 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 藤満 健[編曲]

12 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ジョン・レノン[作曲], ポール・マッカートニー[作曲], 加藤 真一郎[編曲]

13 1966カルテット[演奏], ポール・マッカートニー[作詞], ジョン・レノン[作詞], ポール・マッカートニー[作曲], ジョン・レノン[作曲], 藤満 健[編曲]

日本の若き女子カルテットが聖地録音(ロンドン・レコーディング)でつかんだ、本家のスピリット&エモーション

2010年「ビートルズをクラシックで」 のコンセプトで誕生した1966 QUARTET。これまでに「ノルウェーの森」「HELP!」でビートルズに挑戦し、クラシックをベースにしながらロック色の強い、キレのあるアンサンブルは高い評価を得てきました。
 今作では憧れのビートルズ聖地・英国アビイ・ロード・スタジオでのレコーディングが遂に実現。ロックな表現でこれまでに培ってきた評価に安住せず「1966 QUARTETにしか表現できないビートルズ」を目指しました。
 そこで完成したのが、ビートルズの名盤『アビイ・ロード』の楽曲をオマージュ・再構成した、全4楽章からなる大作、『アビイ・ロード・ソナタ』。ビートルズの事実上のラストアルバム『アビイ・ロード』を、単なるカヴァーではなく、同曲をメインにクラシックのスタイルを絶妙に織り込んで編曲を施した、ビートルズの名曲で構成された新アルバムはまさにビートルズ×クラシックの到達点です!
(レーベル資料より)

■1966カルテット プロフィール
クラシックのテクニックをベースに洋楽アーティストのカバーを行う女性カルテット。日本中が熱狂したビートルズ来日の年「1966」をカルテット名に冠し、2010年11月、「ノルウェーの森 ~ザ・ビートルズ・クラシックス」で日本コロムビアよりCDデビュー。王子ホールでデビュー・リサイルを開催。2011年には、伝説のロック・グループ、クィーンをカバーしたセカンド・アルバム「ウィ・ウィル・ロック・ユー ~クイーン・クラシックス」をリリース。ロックの魂と叙情的メロディーを高次元で融合したパフォーマンスに、新時代の幕開けを感じさせる。ピアニストのメンバー交代を経て2012年には「スリラー ~マイケル・ジャクソン・クラシックス」をリリースするなど、全国各地でのコンサート、アルバム制作に精力的に活動。ビートルズへと原点回帰した4作目のアルバムでは、ユニットとしての長足の進化を遂げた生気溢れるプレイを聴かせる。
(レーベル資料より)

【アビイ・ロード・ソナタ (24bit/96kHz)/1966カルテット/ハイレゾ】
関連アルバム
一緒に購入されている楽曲