PC SP

ゲストさん

気になる
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

THE RED BOOK

ペンギン・カフェ >

Plankton Co.,Ltd. >

2014/04/09 >
(P) 2014 PENGUIN CAFE LTD.
(C) 2014 PENGUIN CAFE LTD.

ファイル形式
ファイル形式について
金額
購入
WAV 44.1kHz/24bit
¥2,469
カートに追加
flac 44.1kHz/24bit
¥2,469
カートに追加
Songs
 
気になる
曲名
時間
金額
試聴
購入
#
1
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

オーロラ

+ −
0:04:59
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

#
2
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ソラリス

+ −
0:04:26
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

#
3
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ブラック・ハイビスカス

+ −
0:05:14
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

#
4
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ブルージェイ

+ −
0:04:18
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

#
5
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

レディオ・ベンバ

+ −
0:02:26
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

#
6
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

カターニア

+ −
0:05:38
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

#
7
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

1420

+ −
0:05:55
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

#
8
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

アンド・イエット…

+ −
0:06:21
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

#
9
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

ムーンボ

+ −
0:04:41
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

#
10
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

オデオン

+ −
0:02:48
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

#
11
ログインして“気になるリスト”をご利用ください

(ザ・ローリング・オブ・ア)サイレント・サン

+ −
0:02:55
アルバム販売のみ
カートに追加

アーサー・ジェフス[作曲], ペンギン・カフェ[演奏]

【インタビュー】音楽に選ばれし男、アーサー・ジェフスによるペンギン・カフェ

亡き父サイモンからペンギン・カフェの音楽遺産を受け継ぎ、見事なリニューアルを果たした2代目アーサー・ジェフスのペンギン・カフェの2作目。アルバム・タイトルは心理学者カール・ユングの著書「赤の書」に由来。前作で再出発の準備を整え、いよいよアーサーのペンギン・カフェの新しい旅立ちはここからが本当の始まり。製作期間は前作を軽く上回る1年以上かけ、より完成度とスケール感を増している。

【Penguin Cafe ペンギン・カフェ】
ペンギン・カフェ・オーケストラ(以下PCO)は、72年頃より英国出身の音楽家サイモン・ジェフス(1949-1997)を中心に活動をはじめた。76年にブライアン・イーノの環境音楽レーベルOBSCUREよりデビュー。アンビエント、ミニマル、テクノなどの音楽が注目を浴びた80年代に、お洒落な環境音楽/サブカルチャーの旗手として一世を風靡し、多くの先鋭的アーティストから支持され、フォロワーを生んだ。現在も音楽シーンだけでなく、映画やアート・シーンにも多大な影響を与え続ける伝説的な室内楽団。英国を代表する振付家デヴィッド・ビントレーが、PCOのコンセプトと音楽の多様性に刺激され、英国ロイヤル・バレエ団の作品「ペンギン・カフェ」(日本では新国立劇場が2010年初演、2013年春に再演)を創作したことでも知られる。

97年に若くしてサイモンが他界したことで活動停止を余儀なくされるが、2009年に息子アーサー・ジェフスが父の遺志を引き継ぎ、メンバーも一新させ、「ペンギン・カフェ」と改名。2011年に新生ペンギン・カフェとしての初のアルバム『ア・マター・オブ・ライフ...』(VITO-112)を発表、コンサートも行うなど本格的に始動した。こうしてペンギン・カフェの音楽は、父サイモンから息子アーサーへ受け継がれ、見事に現在に蘇った。

日本では2007年に坂本龍一のレーベル commmonsより、伊藤ゴロー プロデュースのPCOベスト盤と豪華ミュージシャンによるトリビュート盤がリリースされ、その存在が改めて広く知られたことで再評価が高まり、若い世代からも支持されている。

2012年の来日公演では、日替わりゲスト(salyu×salyu、ゴンチチ、相対性理論)を迎えた3日間の公演が完売、大きな話題となった。

【THE RED BOOK/ペンギン・カフェ/ハイレゾ】
一緒に購入されている楽曲