PC SP

ゲストさん

Japanese PUNK! PUNK! PUNK!

THE STALIN
「Stop Jap」
兎に角、尖がったギターが印象的。それぞれの曲はドライで印象深い歌詞とともに淡々と進んでいく。しかしハイレゾで聴くとギターに加えそれぞれの音が深みを増して再現されてくる。11曲目の「爆裂(バースト)ヘッド」でのギターの尖がりと遠藤みちろうのシャウトはハイレゾで聴くと最高だ。
「虫」
丸尾末広によって描かれたジャケットが衝撃的な「虫」。当時はピクチャーレコードでこの絵が描かれていた。 重厚なサウンドの「水銀」で始まり、「泥棒」「天プラ」「GOGOスターリン」と軽快でスピード感があり単純明快な歌詞が面白く、ラストの「虫」まで一気に進んでいく。ところが「虫」では今までの軽快感とは裏腹にズドーンと重々しく苦しいと感じる。 是非この全般に渡るストーリーをハイレゾで体感して欲しい。

THE STAR CLUB
「HELLO NEW PUNKS」、「PUNK!PUNK!PUNK!」
ノイズギターにヒカゲの特長のある声。初期のTHE STAR CLUBはノイジーでスピード感があり、また抜群の破壊力で耳に脳裏に焼き付いてくる。間違いなく日本のパンクを代表する2作をハイレゾで聴いて欲しい。

INU(町田町蔵)
「メシ喰うな!」
今では作家として活躍している町田康が80年代に結成していたパンクバンド。

THE BLUE HEARTS
「THE BLUE HEARTS」、「YOUNG AND PRETTY」
日本屈指のロックバンドであるTHE BLUE HEARTSはパンクバンドである。パンク愛を歌っている「パンク・ロック」のギンギンのギターサウンドはハイレゾで聴くとさらに楽しい。豆腐にぶつかる「ダンス・ナンバー」のスピードは最高だ。当時のTHE BLUE HEARTSのライブは、ダイエースプレー逆立ちヘアー、鋲打ち革ジャン、編み上げブーツ、ガーゼTシャツを着たパンクスの集まりだった。