PC SP

ゲストさん

15年ぶりの来日公演 マックス・リヒター特集

演奏時間が8時間にも及ぶ最新作『スリープ』や映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」の音楽を手掛けるなど、クラシックの枠組みを超えた作品を生み出すマックス・リヒター。現在、実に15年ぶりとなる来日公演中のマックス・リヒター作品を一挙ご紹介。



【マックス・リヒター出演!】
マックス・リヒター《ブルー・ノートブック》《インフラ》


曲目
リヒター/ブルー・ノートブック
     インフラ(アジア初演)

2019年3月9日(土) 18:00開演(17:30開場)
会場:すみだトリフォニーホール 大ホール
出演:マックス・リヒター[ピアノ、エレクトロニクス]
アメリカン・コンテンポラリー・ミュージック・アンサンブル

詳しいコンサート情報はこちら⇒